七つ風の島物語

七つ風の島物語

『七つ風の島物語』は1997年にSS用として、
エニックスから発売されました。

映画監督の雨宮慶太さんが作ったということで話題の高かった作品でした。

ゲームジャンル:移動式ADV



この七つ風の島物語は横スクロールがベースとなる移動式のADVで、
比較的珍しいタイプのゲームでした。
ゲーム的には竜人たる二足歩行の太った竜のような主人公を動かし、
いろんなキャラと会話をしたりアイテムを用いながら進行することになります。

このゲーム、ゲーム部分に注目して叩くことは簡単なのでしょう。
というか、ここがネックで人を選ぶ作品になっています。
つまり、横スクロールで移動させるキャラの動きが、
異常なまでに遅いのです。
移動式で歩かせるのがメインとなるわけで、
このメインとなる部分でノロノロしているわけですから、
短気な人はもちろん駄目でしょうし、
そうでなくても操作性が悪いと感じてしまうおそれがあります。
また会話やアイテムの収集部分でも特にゲーム性が高いわけでもないので、
その点ではどうしても人を選んでしまう作品なんですね。

でも、それでも根強いファンがいるのは、
抜群に雰囲気が良かったからなのでしょう。
2Dで描かれたグラフィックは絵本の世界を連想させ、
可愛くとても綺麗でした。
加えて、これが背景部分も含めてよく動くんですね。
海外のADVに比べると日本のADVはとにかく動きが乏しいのですが、
本作は海外の優れたADVに勝るとも劣らない動きだったわけで、
これは素直に感動したものです。

絶えずゆらゆら動く背景にキャラ、
ディスプレイ内の話であるはずなのに、
私はそこに風を感じたし、
まるで本当にそこにいるかのような気分になれました。
この何ものにも代えられない、七つ風の島物語だけの空気感、
それこそが最大の魅力なのでしょう。

他にも脇を固めるキャラたちにも魅力的なのが多かったですし、
ほんわかしつつも次第に胸を締め付けるようなつらい現実もあったりで、
とても印象深い作品でしたね。

総合でも十分に名作だとは思うのですが、
上記のようなゲーム性や操作性の弱さもありますので、
それで傑作にまでは至らなかったというところでしょうか。
もっとも、この遅さは実際に歩く感覚を表現したものであり、
自分が本当に歩いていると思えばあまり気にならなくもなります。
そういう人ならマイナスポイントも減りもっと楽しめるわけで、
合わない人が出てくるのが分かる反面、
とことん好きな人がでてくるのも納得できる作品でしたね。

ランク:A-(名作)



関連するタグ セガサターン /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1997」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

ゲームの中では、異色な作品ではありましたが、やってみると、他では味わえない感覚を楽しめました。
ただ、主人公が主人公なだけにその時点で難色を示す人も多かったかもしれません。

>他では味わえない感覚を楽しめました。
国産でこういうのが出たことには、素直に嬉しかったです。
キャラもシステムも個性的でしたので、はまる人はとことんはまるし、合わない人は合わないって類のゲームではありましたね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/448-dbc66658
| ホームへ戻る |