サンパギータ

サンパギータ

『サンパギータ』は1998年にPS用として、
SCEから発売されました。

やるドラシリーズの第3弾になります。

ゲームジャンル:FMV系ADV(インタラクティブムービー)

サンパギータ

<概要>


やるドラというのは、
具体的に言えば選択肢で物語が分岐していくタイプの、
フルボイスフルアニメーションのADVでした。

因みにこのシリーズは、各作品ごとにイメージとなる季節があり、
今回は季節としては秋になりますね。

<感想>


これまでの2作品は一見するとライトな雰囲気でした。
まぁ、実際には片方はホラー色があったし、
もう片方は激しい修羅場があったりで、
決して軽い内容ではなかったんですけどね。

でもサンパギータではヤクザが出てきたり、
最初の見た目からどこか重そうな雰囲気で、
シリアス系を望んでいた自分的には、
とても期待したくなる感じだったのです。

それに加えて、原画が攻殻機動隊の士郎正宗さんでした。
さらには主役とヒロインの声が松本保典さんに林原めぐみさんと、
当時人気が絶頂期にあったスレイヤーズの中の人たちです。
デモを見てると主題歌も良い感じでしたね。
こうなってくると、当然買わねばってやつですよ。
何故か別のゲームを買ったときに、
おまけでサンパギータのシナリオ集ってのも貰いましたしね。

なので期待値は高かったのですが、
前の2作品ほどの出来ではなかったですかね。

まずゲームとしてみた場合、分岐の幅が少なくなったように感じました。
自分の選択により異なる展開に発展していくのではなく、
1本の正解があって他は単にバッドエンドに直行って感じで。
難易度は結構高めだったのですが、
ただ難しいだけで正解以外での面白みが欠けているものだから、
前2作のようにコンプしてやろうって意欲が沸き難かったです。
従って、分岐の幅が減ったということで、
ゲーム性は下がったと考えても良いかと思います。

ストーリーは主人公が東南アジア系の記憶喪失の少女と出会い、
そこに拳銃やらマフィアやらが絡んでくるわけで、
バイオレンスやサスペンスといった内容の逃避行ものでした。

ストーリー面に関しては、
舞台背景となる情勢をどれだけ理解しているかでも、
印象が大きく異なるようです。
ヒロインのマリアはフィリピンのトンドスラム出身なのですが、
フィリピン情勢に詳しい人は酷評していました。
その分野について分かる人ほど評価が落ちるのでは、
あまり良くないってことなのでしょうね。
私は恥ずかしながらあまり詳しくないのですが、
単純に物語としての魅力が欠けていたように思いました。

グラフィックと音声に関しては文句はなかったのですが、
肝心のストーリーとゲームがこれではね…

<総合>


そういうわけで本作に関しては、
絵買いや声優買いなら十分に目的を果たせるでしょうが、
そうでないならちょっと肩透かしにあうって感じでしょう。

士郎正宗さんのキャラが林原めぐみさんの声でしゃべる。
私はそれだけで価格分の価値を見出すことができました。
なので、トータル的には佳作と判断しておきます。
同じ目的の人なら十分元は取れると思いますが、
そうでない人にはあまりオススメできないかもしれませんね。

ランク:C(佳作)

サンパギータ
サンパギータ AMAZONで詳細を見る




関連するタグ PS /ADV /インタラクティブムービー /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1998」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/447-625707da
| ホームへ戻る |