九龍妖魔學園紀

九龍妖魔學園紀

『九龍妖魔學園紀』は2004年にPS2用として、
アトラスから発売されました。

魔人学園が大好きだったので購入した作品でしたが…

ゲームジャンル:RPG

九龍妖魔學園紀

魔人学園はS・RPGでしたが、本作はRPGになります。
と言っても普通のRPGではなく、
厳密には校内で会話をしたりするADVパートと、
3Dダンジョンを探索するパートが交互に繰り返されることになります。
ダンジョン探索では敵との戦闘もあり、
これが苦手だとゲームをプレイする意欲がなくなってしまいますので、
その点を重視してRPGとしておきましたが、
ADVパートに比重があるとしてADV扱いでもおかしくはないでしょう。
つまりは混合的なゲームってことですね。

内容的には魔人学園同様に伝奇物。
基本的には、こういう雰囲気が好きなら楽しめるかと思います。
ただ、魔人学園の頃は似たゲームが少ないという珍しさもありましたが、
本作の頃には伝奇物が氾濫していました。
ストーリー的にはもっと面白い物も多いですし、
それを抜きにしても魔人学園より薄くなったように思います。
キャラも今回はあまり惹かれない感じで、
個人的にはあまり楽しめませんでしたね。

ADVパートのシステムとしては、
魔人学園同様に感情で答えるものが採用されています。
このシステム自体は優れているのですが、
一度経験しているとインパクトは薄れてしまいます。
ストーリー的にもシステム的にも、
ADVパートは濃さが失われ魅力が減ったように感じたわけで、
ちょっと残念でした。

他方で、ダンジョンパートは遺跡内の探索と戦闘になります。
ここがやり込めるということで、
好きな人はここを評価するのかなと思います。
特にやり込み要素を重視する人には、オススメできるのでしょう。

しかし、戦闘は通常のRPGに比べると簡略化されたもので、
あまり優れているとは思えません。
また探索部分もゲーム機の中では優れているかもしれませんが、
PCのADVの謎解きと比べると物足りなさすぎるわけでして。

つまりいろいろ混ぜてきてはいるものの、
そこに必然性がない上にどれも中途半端に見えたわけですね。

今回はキャラやストーリーの要素が魔人学園の頃より希薄になり、
その分やり込み要素に力を入れてきました。
しかしその要素が中途半端なため、
どうにも楽しみようがなくなってしまった感じでした。
そういうわけで、個人的には凡作と判断しておきます。

ランク:D-(凡作)

九龍妖魔學園紀
九龍妖魔學園紀 AMAZONで詳細を見る


関連するタグ PS2 /RPG /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2004」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/441-312d57e2
| ホームへ戻る |