MYST URU(ミスト ウル)

MYST URU(ミスト ウル)

『ミスト ウル』は2005年にWIN用として、
livedoor GAMESから発売されました。

オリジナルは2003年に発売された『Uru:Ages Beyond Myst』で、
本作はそれの日本語移植版になりますね。

ゲームジャンル:MYST系ADV
ミスト ウル

UruはMystシリーズの番外編というか、
もともとオンライン用のMystとして作られた作品でした。
それを後に、オフライン用としてパッケージ化したものになるわけです。
そういう経緯がありますので、
今までとは傾向が少し異なってきます。

まずは長所から見てみますと、
やっぱりグラフィックになるでしょうね。
これまでの本編シリーズはCGに実写だったのですが、
Uruはポリゴンによる3Dによって世界が構築されています。
いうなれば、『リアルミスト』路線なわけですね。
でも、リアルミストの頃はそんなに綺麗でもなかったのですが、
時代の進化というのは凄いですね。
Uruでは驚くくらいに綺麗になっています。

あとは好みの問題で、私はCGに実写で十分だったのですが、
3Dの方が好みだって人にはUruは最高だったのではないでしょうか。
まぁCGに実写派の私でもこれならOKと思えたわけですから、
たぶん誰がやってもグラフィック面では満足できたでしょうね。

ゲーム部分も相変わらず良好で、
謎解きも非常に難しくやり応えがありました。
まぁ、MYST系ばっかやっていた現役(?)の頃と違って、
しばらくハードに頭を使うゲームはやってなかったので、
もしかしたら単に私の能力が低下しただけなのかもしれませんけどね。
でも、たぶんそれを抜きに考えても難しい部類なんじゃないかなと。

ここまでは良いのですが、
問題があるとすればそれは操作性なのでしょう。
元がオンライン用の企画の流用だけあって、
今回は3人称視点になっています。
つまり、ポリゴンのキャラを直接動かすわけですね。
これがべらぼうに使いにくかったわけで、
どうにもストレスを感じてしまいましたね。
ここをどう感じたかで、間違いなくゲームの印象は変わってくるでしょう。

つまり、こういうゲームはトライアルアンドエラーが必須なわけで、
自分はこう考えたけど試したら駄目だった、
じゃあ違う切り口からこう考えてやってみようと、
それを繰り返して正解を目指すわけですね。
しかし操作性が悪すぎると、自分の考えが悪かったのか、
それとも指先のテクニックに問題があったのかが分かりません。
通常のA・ADVとかは謎解きと言ってもやれることは限られるので、
あとは実際の操作に専念すれば足ります。
しかしMYST系ともなると考える範囲が非常に広範ですので、
操作性の悪さが思いのほかボディーブローのように堪えてくるのです。

私は少し気になってしまったので、
一応は名作だとは思うものの、ギリギリって感じですかね。
世間でも評価は割れた印象を受けましたが、
操作性の面で単にちょっと使いにくいねで済んだのか、
それともゲーム性部分にまで影響したと捉えるかで、
大きく分かれるのではないかと思います。
何れにしろ、ナンバリング的には外伝ではありますが、
中の人的にはある意味正当な後継作でもありますからね。
ファンなら買っとけってところでしょうね。

ランク:A-(名作)

ミスト ウル

ミスト ウル:コンプリートクロニクル

関連するタグ WIN /ADV /MYST系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2005」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/440-cd1c3eed
| ホームへ戻る |