サイオブレード

サイオブレード

『サイオブレード』は1988年にPC88用として、
T&Eソフトから発売されました。

発売時期が悪かったんだろうな~
出来の良さのわりに、何とも不遇な作品でしたね。

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV
saiob01_20150622100952a92.jpg

全シーンにアニメーションを使用し、
非常に演出面を重視したSF・ADVでしたが、
前年の『ジーザス』のためにインパクトが薄れ、
更に同じ年の『スナッチャー』とも発売時期が競合したために、
どうしても不遇な扱いを受けてしまったのが、
この『サイオブレード』でした。

このゲーム、良いところは幾つもありました。
まずは、前述のように全シーンに用いられたアニメーションですね。
細かく常に動いていて、見ているだけでも楽しめました。

saiob02_20150622100953ef4.jpg

次に、ゲームシステムですね。
コマンド選択式の亜流とも捉えることはできるでしょうが、
マウスデバイスを念頭に置いた設計でもあり、
ポイント&クリック式のADVと考えた方が、
直感的な印象としては相応しいのかもしれません。
こういう形式のゲームは国産では非常に稀でしたし、
新鮮さはあったかと思います。

そして、ストーリーです。
サイオブレードには主人公が2人いて、
地上と宇宙船内でそれぞれが別々に行動します。
そしてその2つの物語は、最後に至っても交錯しません。
最後のEDで、同じ場所に立ってすれ違うだけです。
表面上は決して交わることのない2人の物語。
でも根っこではつながっていて、
それはプレイヤーのみが分かっているのです。
ここをどう捉えるかなのでしょうね。
小説でもそうなのですが、
別々に進んでいた2つのものがハッキリ合流する方が、
見ている方には分かりやすいです。
以後ゲーム業界ではマルチサイト系が流行った時期もありましたが、
つまりはそういうことでしょ。
でも、そんな露骨な手法よりも、
こういうさりげなさに痺れる人も必ずいるはずです。
そういう意味では、玄人好みの内容だったのかもしれません。
因みに当時の私は、少々露骨でも良いから、
2つの流れが1つになり盛り上がる方が好きでした。
世間での評判を見てみても、
おそらくそういう私みたいな単純な人が多かったのでしょう。
でも、果たしてそれが正解だったのか、
また違う印象を抱けるかもということで、
いつか再プレイしてみたい気もしますね。

さて、良いところもあればそうでない部分もあります。
ゲームシステムでマウスデバイスを念頭に置いたのは良いとしても、
ちょっと操作がし辛かったようにも思います。
個人的には88時代でマウス操作のゲームはまだ早いと思うわけで、
発想は買うにしても中身は若干伴ってなかったのかなと。

それと、途中でやたら難しいアクション部分がありまして。
アクションが苦手だからADVをやるのに、これでは本末転倒です。
また、最後の見せ方はとても良かったのですが、
単純にテキストや途中までのストーリーそのものは、
わりと普通だったように思います。

そういうわけで良い点も悪い点も総合すると、
結局は良作ってところでしょうか。
どうしても競合するスナッチャーより下と見られてしまうのが辛いですが、
こうしてみるとスナッチャーよりも、
玄人・通好みな作品だったように思います。
様々な可能性を秘めていた作品でもあるわけで、
本作の方を高く評価しても何ら違和感はないようにも思います。
まぁ、私は素人っぽい好みもあるのでこう判断しましたが、
再プレイをしたらもっと評価が上がるかもしれない、
そう思わせるだけの魅力を兼ね備えた作品でもありましたね。

ランク:B(良作)

PC-8801SRソフト サイオブレード

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1988」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/431-d59aff9f
| ホームへ戻る |