ヴァーチャル ヴァレリー (Virtual VALERIE)

ヴァーチャル ヴァレリー (Virtual VALERIE)

『ヴァーチャルヴァレリー (Virtual VALERIE)』は、
1995年にMAC&WIN用として、メディアカイトから発売されました。

ちょっと記憶が錯綜していて間違っていたら申し訳ないのですが、
95年に発売されたのはディレクターズカット版を日本語化したもので、
オリジナルの英語版は90年の発売になります。

ゲームジャンル:インタラクティブムービー
vv01.jpg

ジャンルはインタラクティブムービー。
内容的にはヴァレリー夫人と会話してHをするだけですね。
まぁ、何も知れなければ、
今やって楽しいと思う人はあまりいないでしょう。

ただ、ADVの歴史を振り返る上では、
必ず一言触れなければならないゲームでもあるんですよね。
即ち、90年代のPCのADVで隆盛を極めたインタラクティブムービー。
その元祖として位置付けられるのが、
『スペースシップワーロック』(SW)なわけです。
もっとも、SWも無から生み出されたものではなく、
SWを作ったリアクター社はその前に本作を作っています。
つまり、本作はインタラクティブムービーのはしりなわけですね。
ガンダムで例えるならば、
SWがザクで本作が旧ザクってところでしょうか。
まぁオーサリングツールが共通でも、
ムービー主体となったのはSWからですから、
やっぱり元祖はSWで良いのでしょうけどね。
本作はあくまでもSWの技術的な基礎になったというだけで。

どちらかと言うと内容がどうのこうのというより、
むしろ歴史的・資料的価値に意味のある作品と言えるかと思います。
もちろん、アダルト物は好きだけど、
日本のアニメ調の二次元絵は苦手って人もいるでしょう。
そんな人には、実用性もあったでしょうけどね。

内容的には上記のように話してHだけなので、
あまり特筆すべきことはないかもしれません。
ただ、本作には続編もあるのですが、
続編になると本当にHだけですからね。
それに比べると本作は周りのいろんなところをクリックできるわけで、
そうした空間全体を楽しむという考え方や、
ADVとしてのゲーム性も求める姿勢は、
続編制作時には既にリアクター社を去っていた、
ジョー・スパークスの影響なのでしょう。
ちなみに私も、続編より初代の作りの方が好きですね。

存在意義だけなら名作クラスの本作。
しかし実際にやることは比較的単調ですので、
総合的には良作ってところでしょうかね。

ランク:B-(良作)

VIRTUAL VALERIE1 リニュ-アル

関連するタグ WIN /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/43-cf2ddbc0
| ホームへ戻る |