摩訶摩訶

摩訶摩訶

『摩訶摩訶』は1992年にSFC用として、
シグマから発売されました。

SFCを代表するクソゲーとして、
そしてバグだらけのゲームとして有名な作品でしたね。

ゲームジャンル:RPG
摩訶摩訶

いちいち書き出すときりがないので省略しますが、
とにかくバグだらけのゲームだったわけで、
端的に言うならバグから成り立っているようなバグゲーでした。
他のゲームならゲームの中にちょこっとだけバグがあるわけですが、
摩訶摩訶はバグの中にゲームがちょこっとあるみたいな感じでね。

今でもちょっとしたバグを見つけては、
鬼の首でもとったかのようにクソゲーと声高々に言う人がいます。
そういう人には絶対に合わない類のゲームでしょうね。
確かにゲームプレイに支障が出る以上、
どうしても叩かれるのは仕方ないでしょうし、
当然クソゲーと言う人も出てくるのでしょう。

しかし本当に駄目なゲームってのは、
2番煎じ3番煎じの何の特徴もないゲームだと思うわけでして。
いくら丁寧に作りこまれてあっても、
何がやりたかったのかが伝わってこない、
或いはただ人気作を真似てみたって方がよっぽど問題だと思います。

摩訶摩訶は確かにバグだらけだったのですが、
前世を召喚する戦闘システムであるとか、
PCゲーを思い出すような非常にユニークなキャラが大勢いたりして、
お行儀の良い優等生ばかりなSFCのゲームの中にあっては、
非常に個性の際立っていた作品でした。
バグがなければもっと高く評価されていたらと思うと、
非常に勿体無いです。

総合では作品の魅力だけなら名作・良作レベルはあったと思うわけで、
後はバグのマイナス分をどう考えるかですね。
私はマイナスしても十分元は取れたと言える佳作レベルだと思いますし、
バグもまた一興と楽しめる人ならもっと評価が上がるでしょう。
でも逆にバグが許せない人は全く楽しめないゲームなわけで、
人によって名作にも駄作にもなりうる作品なのでしょう。
なので興味のある人は調べてリプレイとかで雰囲気を掴んで、
それで判断してみるのが良いかと思いますね。

ランク:C-(佳作)

摩訶摩訶

関連するタグ SFC /RPG /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/427-9fa98495
| ホームへ戻る |