殻の中の小鳥

殻の中の小鳥

『殻の中の小鳥』は1996年にPC-98用として、
BLACK PACKAGEから発売されました。

カードを用いたメイド調教SLGとして一世を風靡した作品でしたね。

ゲームジャンル:調教SLG
karanonakanokotori02.jpg

上記のように、ジャンルはカード調教を導入したメイド調教SLGになります。
売れるゲーム、人気のあるゲームってのには幾つか傾向がありまして、
その1つに、とにかく人気のある属性を盛り込んでしまうってのがあります。
殻の中の小鳥をプレイしてまず思ったことは、
いろんな属性を実に上手く織り交ぜてきたものだなってことでした。

殻の中の小鳥はストーリーの属性的には調教ものになります。
一応調教SLGの元祖と言われる『SEEK』が95年に出たわけですが、
その後次々に調教系の作品が出たわけで、
この当時はかなり需要の高くなっていたジャンルだったと思います。

もっとも、潜在的な需要は高くても、
いろんな面で『SEEK』や『虜』はハードルの高い作品でした。
普通の調教SLGはとっつきにくいよって人には、
カード調教を導入したシステムはとっつきやすかったと思います。
またカード調教はとっつきやすいだけでなく、
他の調教SLGでは見かけないために新鮮に映りましたしね。
そして何より、根本的にゲーマーの多くは、
カードゲームって好きだと思うんですよ。
だから、自然とはまっていけたのです。

とっつきやすさという意味では、絵柄もそうでしたね。
他の調教物が人を選びそうなデザインが多めだったのに対し、
殻の中の小鳥は萌え系の可愛いキャラデザでした。
これも非常に大きなポイントだったかと思いますね。

さらに、今ではすっかり市民権を得たメイド物。
当時もメイドキャラの人気は結構あったと思うのですが、
メイドキャラは基本的に脇役っぽいケースが多かったです。
殻の中の小鳥は人気の高いメイドという要素を中心に添えてきたわけで、
しかもそれを調教しちゃうわけですからね、
これはメイド属性持ちにはたまらなかったでしょうね。
karanonakanokotori01.jpg

人気のある要素を上手く融合させたと言う意味で、
殻の中の小鳥に良く出来た作品だったのでしょう。
当時の情勢を考えれば、人気が出るべくして出たと言える気がしますね。

そういうわけで根強いファンのいる作品でしたし、
私も素直に面白かったです。
というか、友人が大ファンでした。
ただ、上手く組み合わせたねとは思うのですが、
個々の要素でもう少し突き抜けて欲しかったのかなと思うわけで。
それぞれの要素で既に他に魅力を感じたゲームがあっただけに、
このゲームで新たに何かを得ましたってものがなく、
個人的には良作としておきたいと思います。

ランク:B-(良作)



関連するタグ PC98 /SLG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/423-a56a3b4c
| ホームへ戻る |