SDガンダムG-CENTURY

SDガンダムG-CENTURY

『SDガンダムG-CENTURY』は1997年にPS用として、
バンダイから発売されました。

PSになってから最初のガチャポン戦士シリーズが、
この作品でした。

ゲームジャンル:SLG+ACT

SDガンダムG-CENTURY

80年代のディスク時代から、
ガチャポン戦士シリーズが大好きだったわけでして。
もちろんガンダムが大好きだったからというのが大きいのですが、
戦略SLGとACTを絶妙に融合させたシステムも、
1つのゲームとして大いに評価されて然るべきでしょう。

そういうわけで初期の2までは楽しめたのですが、
途中でシステムが変更されてしまいました。
SFCに入って元に戻ったのもあったのですが、
今度は飽きてしまいました。
やっぱりね、同じことの繰り返しではそうなりますよね。

しかし時代がPSになって、ポリゴンという新しい武器を手に入れました。
今こそガチャポン戦士シリーズの復活の時だと、
プレイ前は凄く期待していたものです。

まぁ、実際グラフィック面は良かったです。
それに伴い、新鮮な感覚でもプレイできました。

しかしそれ以上に、全ての長所をぶち壊すような、
そんな短所もあったわけでして。
それは今にしてみれば容易に想像もつくのでしょうが、
つまりはロードの長さと爽快感のなさですね。

この当時はロード時間の長いゲームも多かったのですが、
他のゲームと比べても長めだったように思います。
加えて、アクションによる戦闘がノロノロしていまして、
終始イライラさせられたものです。
これが純粋なSLGだったら、ある程度の遅さは気にならなかったでしょう。
しかし、アクション戦闘がありますからね、
アクションはテンポが命なわけで、
これをちんたらやられては楽しめるものも楽しめませんよ。

見るべきところも一応はありましたから、
私自身はぶちきれながらも結構プレイしていたのですが、
マイナス分が大きいので評価的には凡作が精一杯でしょう。

バンダイの技術力が足りなかったというのもあるでしょうが、
出す時代も早すぎたんでしょうね。
ポリゴンで爽快なアクションを楽しむには、
もう少し先にすべきだったのでしょう。
高い授業料を払わされたような、そんな作品でしたね。

ランク:D-(凡作)

SDガンダムG-CENTURY

関連するタグ PS /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1997」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/422-f00a6273
| ホームへ戻る |