雑音領域

雑音領域

『雑音領域』は1994年にPC98用として、
D.O.(ディーオー)から発売されました。

当時流行の館物のマルチストーリー・マルチエンドADVを、
グラフィック:広崎悠意、シナリオ:広崎悠意でやってみたらこうなった。
良くも悪くもそれに尽きるのだと思います。
zatuon01.jpg

<概要>


ドライブ中に山奥の洋館に迷い込んでしまった主人公と義妹の真理子。
早く館を去ろうとする主人公に対し、義妹は何故か館を離れようとしない。
狂気の渦巻く館での滞在を余儀なくされた2人は、無事脱出することができるのか。
少年時代の記憶を失っている主人公と洋館の人々の関係も複雑に絡み合い、
物語は始まる・・・

という感じの作品ですが、とにかく冒頭に書いたような作品ですので、
広崎ファンで館物が好きなら間違いなく買いだし、
そうでないなら買わないだろうなってゲームでしょうね。

<ストーリー>


ストーリーはホラーとか狂気とかいろいろ該当しそうですが、
その後味の悪さといい、広崎さんの良さが存分に出ているかと思います。
当時の館物の中でも屈指の出来だったのではないかなと。

代表作である『妖獣戦記』シリーズ(93~95)はS・RPGですし、
後に出る『虜』シリーズ(96、97)は調教SLGです。
そうなると、どうしてもゲーム部分が無視できないですよね。
SRPGや調教SLGとかは苦手な人もいるでしょうし、
もっと純粋に広崎さんのストーリーを堪能したいよって人も、
結構いると思うのですよ。
そういう人には、このゲームは最適な存在と言えるのではないでしょうか。

<グラフィック>


広崎さんはシナリオだけでなくグラフィックも担当しています。
『雑音領域』はストーリーそのものというよりも、
全体の持つ雰囲気が最大の魅力なのだと思います。
そしてその本作の持つ雰囲気は、広崎さん自身が描くグラフィック抜きには語れません。

絵柄自体は、最近の特に萌えを求める人にはうけないかもしれませんが、
非常に上手くて雰囲気も抜群でした。
回想モードとかで出てくる脳を持った姿は印象的で、
いまだに覚えていますよ。
zatuon02.jpg

<ゲームデザイン・システム>


細かいテキスト面や整合性の点で若干難はあったかもしれませんが、
それでもここまでなら、一応名作レベルだったかと思います。
しかし残念なことに、システム面が駄目駄目でした。

まず基礎となるゲームジャンルはノベル系のADVであり、
選択肢により物語が次々に枝分かれしていく、この頃多かったタイプの構造です。
ED数は18個ありました。

ここまでなら他所の作品と変わらないのですが、
何か妙にとろいし、セーブは限られてるし、そのくせ無駄に難しいし・・・

難易度が非常に高いというのは人によっては長所にもなりえますが、
繰り返しプレイを強いられるゲームでその繰り返しがきついというのでは、
やってて結構ストレスがたまってしまいますし、
ストーリーやグラフィックの良さから来る雰囲気もぶち壊してしまいます。
トータルで考えると、この作品にとってはマイナスに作用していたように思います。

<総合>


そういうわけで、上述の長所と短所を相殺して、
総合的には良作ってところでしょうか。

う~ん、まぁ、本当は名作扱いでも良いと思うんですけどね。
十分それだけの内容はありましたし、
1年早ければ間違いなく名作扱いだったでしょう。

ただ、94年からはアダルトゲームの全盛時代で、
強烈な個性を持った名作が一杯あったんですよね。
今となっては非常に懐かしく感じる館物も、当時はいろいろありましたし。
なので、相対的に評価が下がったって感じです。
限りなく名作に近い良作と考えてもらって良いでしょう。

因みに、本作は後にリメイクされていますが、
私は全くプレイする気がしません。
このゲームは広崎さんの絵があってこそだと思いますので、
萌え絵でやられたら雰囲気ぶち壊しじゃんよって思うんですよね。
何でもかんでも萌え絵にすれば良いってものでもないだろうに・・・
と、リメイク版のパッケージを見かけるたびに思うのです。

ランク:B(良作)

雑音領域

関連するタグ PC98 /ADV /ノベル系 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1994」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

はじめまして。いつも楽しく拝読させてもらってます。
膨大なレビューとコラムには感心させられております。
>萌え絵でやられたら雰囲気ぶち壊しじゃんよって思うんですよね。
まったくその通りですよね……。
妖獣戦記のリメイクを見た時もぶっ飛んでしまいましたよ。
しかも声は前のをまんま使ってるわけで、幻滅どころか怒りすら湧いてきましたから。
そんなことするなら、素直に旧作を現行Windowsでリメイクすればいいのに。
そうなら即買いなんですがね。

>>沢村さん
はじめまして、コメントありがとうございます。
妖獣戦記のリメイクも残念でしたね。
あれも雰囲気ぶち壊しでした。
なので、最初のwindows移植版は絶対に手放せない感じです。
リメイク作品は細かい操作性だけ今風にアレンジしてもらえれば、他は全部そのままで良いのにと思うわけでして。
それなのに下手に手を加えられてしまっているのが多いので、残念に思うことが多くなってますね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/42-23d3dfb8
| ホームへ戻る |