BM0 残酷な夜に彼女の叫びは誰にも聞こえない。

BM0 残酷な夜に彼女の叫びは誰にも聞こえない。

『BM0 残酷な夜に彼女の叫びは誰にも聞こえない。』は、
2003年にWIN用としてrougeから発売されました。

ココノツさん最後のシリアス系ですね。

ゲームジャンル:ノベル系ADV

Win98-XPソフト BMO 残酷ナ夜ニ彼女ノ叫ビハ誰ニモ聞コエナイ

1作出るたびにブランドが替わっているので混乱しがちですが、
ココノツさんが作った作品としては本作が4作目になりますね。
『Blow』の狂気に惹かれ、その後も追いかけていたのもあって、
それで今作も購入に至りました。

もっとも、これまでは原画がぶるべらさんだったのですが、
本作ではみんめいさんに代わっています。
『Blow』の頃のぶるべらさんの絵が好きだった者としては、
これはちょっと残念でしたね。
一時期絵が崩れていたものの『CODA』では戻ってきていましたから、
余計にもぶるべらさんの絵で見てみたかったものです。

ただそういう個人的な思い入れを除けば、
みんめいさんの絵も雰囲気が良く出ていましたし、
ハードな陵辱系としてはわりと良かったように思います。

ストーリーは狂気や輪姦を扱ったもので、
ライターのココノツさんがこれまでにも扱ってきた分野です。
得意分野といえば得意分野のはずなのですが、
正直に言うと本作はイマイチでした。
後味が悪いという意味では従来の作品と同様なのですが、
とにかく全ての面で出来が悪かったです。
致命的にここがというよりも、
全体的にこれまでの作品を劣化させたような感じなんですよね。

ココノツさん関連の作品に手を出してみたい人は、
まず『Blow』からやってみるのが良いでしょう。
そこでファンになった人は本作も気になるでしょうが、
単純に出来の良い作品を求めるならば、
本作はプレイする必要はないと思います。

ただ、『Blow』とかで出てきたヒロインが、
ちょろっとですが出てくるんですよね。
そうなると『Blow』や『Portrait』のファンは、
やってみる価値もあるかと思います。
(もっとも、過去作を知っている人ほど鬱になりますし、
それ以上に腹立たしい気持ちになるので、
知らない方が幸せな気がしますけれど…
というか、私は否定された気分になって嫌気がさしましたし)
何れにしろ、あくまでも『Blow』や『Portrait』をやった後の話です。
ですので、プレイするにしても優先順位は低くなるでしょう。

ここまで4作品追いかけてきたライターではありましたが、
作品ごとに劣化していった印象しかなく、
本作はついに見限ることとなった作品でした。
デビュー作の頃は非常に期待が持てただけに、
かなり残念でしたね。

ランク:D-(凡作)

Win98-XPソフト BMO 残酷ナ夜ニ彼女ノ叫ビハ誰ニモ聞コエナイ

関連するタグ ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2003」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/416-1167796a
| ホームへ戻る |