ゆのはな

ゆのはな

『ゆのはな』は2005年にWIN用として、
PULLTOPから発売されました。

ゲームジャンル:ノベル系ADV
原画:藤原々々

ゆのはな

冬の田舎を舞台にした物語ですね。
夏の田舎も良いけれど、
冬の田舎もそれはそれで雰囲気が良いものです。

それにしても、何とも珍妙な作品でした。
基本的には普通の作品なんだと思います。
可愛いキャラに笑える展開、そしてちょっと感動できる要素。
上手く作れば十分に良作と感じられるだけのパーツはあったと思います。

ただ、本作は「ゆのは」という女の子の神様のために、
主人公がお金を稼ぐのが基本的な流れになります。
いわば借金返済ADVなんですね。
問題はそこにあるわけで、
バイトしてたまにあるイベントを経つつ金を稼ぐの繰り返しで、
ゲームの長さのわりに単調なんです。
構造的にSLGに向いた作りをしていまして、
借金返済SLGとして作っていれば、
もしかしたらとても面白いものに仕上がっていたかもしれません。
それを強引にノベルの枠に押し込めたものだから、
どこか違和感を感じてしまうわけですね。

周りのキャラも、基本的に善人ばかりです。
それだけならほんわか出来るし何の問題もありません。
ゆのははちょっと守銭奴っぽく見えるし、
やかましいので人を選ぶかもしれないけれど、
これはこれで人間味があってありと考えることもできるでしょう。
ただ、両方並ぶと何だか逆だろみたいな、
妙な違和感というか、据わりの悪さを感じてしまいます。

1つ1つの要素は大したことはないのかもしれませんが、
複数の要素が絡みあうことで、
何だかとても違和感のある落ち着かないゲームに感じてしまいました。
冬の田舎を舞台にし、一見すると普通の癒し系なのに、
妙なひっかかりがあってまるで癒されないわけで、
本当に不思議な作品でした。

まぁ、私はゲームデザイン面などに疑問を感じ楽しめませんでしたが、
そういうのが気にならない人は基本的には楽しめると思います。
もっとも、ゆのはは人によってはかなり鬱陶しく感じるキャラですので、
事前に体験版でチェックした方が良い作品かと思いますね。

ランク:D(凡作)

ゆのはな

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2005」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

この頃のプルトップが大好きでしたので、このゲームも購入して楽しませて頂きました。

このゲームのポイントは、音楽になるかと思います。
その場面場面で、非常にこれしか無いんじゃ無いかってくらい合った音楽が流れるので、正直内容以上に評価してしまいましたね(笑)
あと、和風伝記が好きなので、その分か乗評価しました(爆)
……いや、エンディングの音楽がホント合ってて、いい年こいたオッサンが意味も無く感涙にむせび泣いたものです。

プルトップは、何か完成度に異常な波のあるメーカーに感じますね。
(私の好みの問題でしょうが)

夏少女でファンになって
とらかぷを追っかけて微妙具合に苦笑いして、
お星様で見限ろうかなと思い始めて、
ゆのはなでがっちりキャッチされ
プリンセスワルツが大外れで
遥かに仰ぎ、麗しのとトライオンで大満足。
しかし、しろくまがまたゴミで、
面白かった恋神に免じて戻ったら
神聖、大空、ココロで3連発面白くなかったので見限った。みたいな流れでした(爆)

> このゲームのポイントは、音楽になるかと思います。
> その場面場面で、非常にこれしか無いんじゃ無いかってくらい合った音楽が流れるので、正直内容以上に評価してしまいましたね(笑)

なるほど~自分は違う部分が気になってしまい、
それであまり音楽に気を付けることがなかったのですけどね。
確かに雰囲気は良かったと思ったし、今振り返るならば、
それは音楽の力が大きかったのでしょうね。

私の場合、最近のプルトップの方が絵は好みなんですが、
「ころげて」以降は本編とファンディスクの繰返しですからね。
あまりファンディスクをする習慣のない私には、
忘れた頃にしかゲームの出ないブランドのイメージになってしまい、
少しずつ印象が薄くなってフェードアウトしていっている感じですね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/414-f461d24e
| ホームへ戻る |