トルネコの大冒険 不思議のダンジョン

トルネコの大冒険 不思議のダンジョン

『トルネコの大冒険 不思議のダンジョン』は1993年にSFC用として、
チュンソフトから発売されました。

ドラクエ4のトルネコを主人公にした作品で、
ローグライクRPGの認知度を飛躍的に高めた作品でした。

ゲームジャンル:RPG
トルネコの大冒険

まずはよくトルネコを選んだよなってとこでしょうね。
ドラクエの中でもトルネコは好きなキャラなので、
主人公として脚光を浴びただけでも嬉しいってものです。

ゲームはローグライクと呼ばれる類のRPGで、
この系統のゲームはPCではあったにしても、
ゲーム機では見かけなかったですからね。
それをSFCという国民機でやることにより、
一気に知名度やファンが増えたわけで、
このジャンルの国内における普及・貢献という観点からは、
非常に大きかったように思います。
余談になりますが、チュンソフトのゲームってPCゲーの後追いが多いわけで、
独創性を求める私とは相性が悪く評価も辛くなりがちです。
でも、国民機たるゲーム機でいち早く出すことで、
多くの人にこういうゲームもあるんだよって紹介したとも言えるわけで、
ゲーム業界の発展、特に新規ユーザーの獲得という意味では、
大きく貢献したんだよな~と今にして思ったりもしますね。

こういうのはシンプルだけど中毒性が高いですからね。
トルネコ好きということも相俟って、普通に楽しかったです。
でも、確かに子供でも遊びやすく丁寧に作られてはあったものの、
あまりシステムに目新しさも感じなかったんですよね。
後発のわりにローグ系の楽しさを再認識させただけで終わったのが、
やや残念だったように思いますね。

個人的にはドラクエ4の延長のような感じで、
できればトルネコで本格的な経営SLGがやりたかったものです。

ランク:C(佳作)

トルネコの大冒険



関連するタグ SFC /RPG /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1993」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/402-4bc77a87
| ホームへ戻る |