きゃんきゃんバニープルミエール

きゃんきゃんバニープルミエール

『きゃんきゃんバニープルミエール』は1992年にPC98用として、
カクテルソフトから発売されました。

きゃんバニシリーズの第4弾であり、スワティが初登場した作品でした。

cancan401.png

<スワティ>


PC98時代には、人気ランキングで常にトップ争いを演じる、
スワティというキャラがいました。

カクテルソフトと言えば「きゃんきゃんバニー」シリーズ。
「きゃんきゃんバニー」シリーズと言えばスワティって連想されるくらい、
非常に有名だったのです。

もっとも、そのスワティが登場するのは、
実はシリーズ4作目であるこのプルミエールからなのです。
つまりプルミエールがスワティのデビュー作だったわけですね。

cancan403.jpg

繰り返しになりますが、スワティはPC98時代の人気キャラランキングでも、
常に上位にいる人気の高いキャラでした。
そのスワティのデビュー作ですから、インパクトは大きかったですね。
個人的にも非常に好きなキャラでした。

<ストーリー・ゲームデザイン>


さて、本作は弁天様ことスワティと、
その他大勢の(役立たずな)七福神らの力を借りて、
主人公の恋愛を成就させることが目的となります。

これまでのシリーズは、女の子たちを口説き落とせるのかという、
ナンパゲーとしてのゲーム部分に力を注いでいました。
そのため作品ごとに、どんどん難しくなっていました。
確か前作では、社内でも完全にクリアできるのは一人とか、
そんな記事を読んだ記憶があります。

そのような前作までの高難度・ゲーム性重視路線に対し、
本作は基本的に普通のコマンド選択式のADVであり、
誰でもクリアできるようにするストーリー・キャラ重視な構造に変化しました。

これにより万人向けになって多くの人が楽しめるようになった反面、
従来のゲーム性重視時代のファン的には、
少し物足りなくなったと感じた人もいたかと思います。
私はゲーム性がぬるくなる方向への変化は好まない傾向もありますが、
このシリーズは難易度が少し行き過ぎていたようにも感じていたので、
本作の様な方針転換は十分にありだなと考えました。

もっとも、基本は普通のコマンド選択式とはいえ、
クイズっぽい要素や移動ルートの選択、
または時間経過による行動制限など、
その場に相応しいシステムにアレンジされており、
随所に飽きさせない配慮がなされていました。
ですので、難易度自体は大分下がりましたが、
それは異常な難易度が解消されたということであり、
トータル的なゲーム性自体はそれなりにあったかと思います。

また前作までは自分で攻略対象を選んでアプローチしましたが、
本作は基本的に各章ごとにヒロインが用意されています。
これによりヒロイン選びの自由度は減りましたが、
ストーリー性は飛躍的に上昇し、十分に楽しむことが出来ました。

<キャラ>


cancan402.png

個人的には、バイク乗りのショートの子である莉奈と、
黒髪ロングのお嬢様である真穂子が好きでしたね。
まぁ、当時としてはキャラの可愛さは別格な作品でしたので、
どの子も凄く可愛かったですけどね。

<総合>


とにかく、終始プレイしていて楽しい作品でした。
グラフィックとキャラのポイントが決め手となって、
十分に名作だと思います。

ただ、本作はサターンにも移植されていて、
そっちで存在を知った人も結構いるかと思います。
サターン版の発売は96年。
本作のオリジナルは92年ですが、
92年から96年ごろってアダルトゲームが一番進化した時期です。
よく『同級生』以後と以前で分けて語られることがありますが、
厳密に言えば本作は『同級生』以前に分類されるんですね。
そのゲームを96年になってから劣化移植したんじゃ、
一体どれだけの人が楽しめたのかな?って疑問に思うのですよ。
例えるなら、FF7を目前にして、FF5をファミコンレベルで移植みたいな、
そんな感じですからね。
移植されたおかげで知名度は上がりましたが、
移植のせいで評判も落ちたんじゃないかと思うわけで、
幸運なんだか不運なんだかよくわからない作品でした。
なので、ファンとしても何だか複雑な気持ちでしたね。

ランク:A-(名作)

PC-9801 3.5インチソフト きゃんきゃんバニー プルミエール

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/40-7bc18ade
| ホームへ戻る |