エスピオネージェンツ

エスピオネージェンツ

『エスピオネージェンツ(ESPION-AGE-NTS)』は1999年にDC用として、
NECホームエレクトロニクスから発売されました。

ゲームジャンル:3D・ADV
属性:潜入 ザッピング

エスピオネージェンツ

このゲームの説明の前にまず、
少しだけ『東京トワイライトバスターズ』の話をします。
東京TBは複数のキャラを直接移動させるADVだったのですが、
4人のパーティを分割させることができたんですね。
で、それが攻略に密接にかかわっていたんです。
例えばある扉を通るには別の場所でボタンを押す必要がある場合、
一方をボタン押し係に回し、他方で開いた扉をくぐるわけです。
プレイヤーはそれぞれのキャラを切り替えながら操作するわけで、
マルチサイト的要素のない純粋なザッピングゲームであり、
またザッピングをゲーム性に上手く活かしたゲームだったんです。
これは良くできているなと私は高く評価したわけですが、
良いシステムはもっとやってみたいと思うのが人というものです。
でも中々そういうゲームが出てこなくて寂しかったのですが、
そこに現れた待望のゲームがこのエスピオネージェンツだったのです。

さて、このエスピオネージェンツはミッション制のゲームでして、
各ミッションの目的を果たすことでゲームが進行します。
ミッションはどこどこに潜入し何々を盗ってくるといったものなのですが、
プレイヤー自身が潜入するわけではありません。
プレイヤーは特殊能力を持った組織のボスで、
潜入した4人の手下に次々に指示を与えていくのです。
具体的には画面に大きめのメインモニターと、
それ以外の他の3つのモニターが表示されます。
プレイヤーが指示できるのはメインモニターに映るキャラだけですので、
他のキャラに指示する場合はメインを切り替える必要があり、
つまりはザッピングをするわけですね。

まぁ、言うなれば東京TBにあったザッピング要素を特化させたゲームが、
エスピオネージェンツというわけです。

細かく説明するとややこしくなりそうですが、
感覚的にはリアルタイムのパズルゲームみたいなものです。
なので、第一にはそういうゲームが好きな人向けと言えるのでしょう。
そして特化させただけあって難易度もやり応えも十分でした。
これだよ、これ。こういうのを待ってたんだよな?って思ったわけで、
非常に中毒性の高い作品でしたね。

このシステム部分に関してはナンバーワンなわけで、
他にもサウンドも良かったですし、
十分に名作と呼べる作品だと思います。

ただ特化ゲーであるが故に決して全ての面で完璧なゲームというものではなく、
弱さも随所に備えたゲームでもあったんですよね。
DCのわりに見た目が弱いというのもありますが、
こういうゲームだけに操作性の悪さが少し痛かったのかなと。

そういうわけで名作だけど、それ程点は伸びないってパターンでしょうね。
地味だけど名作とか、隠れた名作という呼び方が実に相応しいゲームで、
欠点もあるけど個人的には好きなんだよな?って言われやすい作品でした。
発売から10年以上経ちましたが、
このゲームの個性は全く翳らないわけで、
DCを持っているなら絶対やるべき作品の1つと言えるのではないでしょうか。

ランク:A-(名作)

エスピオネージェンツ

関連するタグ ドリームキャスト /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1999」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/395-beb9e282
| ホームへ戻る |