とらドラ・ポータブル!

とらドラ・ポータブル!

『とらドラ・ポータブル!』は2009年にPSP用として、
バンダイから発売されました。

原作のif&アフターストーリーって感じですね。

ゲームジャンル:移動式ADV

とらドラ・ポータブル!

とらドラって何それ?って人が買うとも思えませんが、
小説かアニメで内容は必ず知っておいた方が良いでしょう。
そういう意味では、完全にファン向けのゲームですね。
もっともifの世界であり、
ストーリーとしては竜児が記憶喪失になってしまったということで、
また大河を選んでも良いし他の子を選んでも良いとなっているため、
それを踏まえれば原作必須とまでは言えないかもしれませんけど。

問題はファンとして楽しめるかなのですが、
この点はまず大丈夫なのではないでしょうか。
おぉ~とらドラだな~って、素直に楽しめましたから。
決してファンの期待を裏切らない出来にはなっていると思います。
まぁ良くも悪くもとらドラでしかないのですが、
原作の雰囲気をぶち壊すキャラゲーも非常に多いことを考えると、
相対的にはかなり良質な作品ではないでしょうか。
ファンが純粋に楽しめるってのは、
それだけでありがたいものです。

大河のボテ腹姿も一見の価値があるのですが、
せっかく魅力的な女性陣が一杯いる作品ですからね、
本編では見ることのできなかった他のキャラとのEDも良いものです。

この楽しさを支えてくれたのは演出面だったわけで、
当然ながらにアニメと同じキャストでフルボイスとなっています。
またここが本作のウリでもあるのですが、
モーションポートレートを使用することで、
目パチ口パクだけでなく自然な感じでの動きも加わっています。
これによって会話中もアニメとの差をあまり感じずに、
自然に楽しめるわけですね。

個人的にはADVの立ち絵の方向性はこうあるべきだと思います。
目パチ口パクなしに、立ち絵の数だけ増やして、
それを派手にピョンピョン動かすのが近年は増えています。
それはそれで全く動かないADVよりはずっと楽しめるので、
プラスには評価できるんですけどね。
どうも人形劇みたいな違和感があって、
若干の不自然さが気になってしまいます。
とらドラPの動きを見ていると、
改めてこっちの方が自然で良いよなと思えてくるのです。

ゲームは移動式のADVで、キャラとの会話中に選択肢を選ぶ感じですね。
ここは特に秀でていたわけでもなく、
プラスにはならないかもしれません。
でも、読むだけ見るだけでなく、せっかくゲームにしたのだから、
小説やアニメでは感じ取りにくい空間的広がりをも感じさせようとした点で、
単なるノベルにするよりは良かったように思いますね。
決してシステムそのものが面白いというものではないのだけれど、
何かしたいという制作陣の意気込みは見てとれたように思うのですよ。
こういうのが伝わってくるゲームは良いですね。

他にもオマケもありますし、
アルバムでCGを回想的に説明してくれる点も良かったように思います。

総合では良作ってところでしょうか。
原作を知らない人まで唸らせるほどの特徴はないわけで、
名作とまではいえないように思いますから。
でもファン向け作品としてはかなり満点に近いような内容であり、
作品への愛情が伝わってくる良く出来ていた作品でしたね。

ランク:B-(良作)

とらドラ・ポータブル!

関連するタグ 携帯機 /ADV /移動式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2009」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/387-e13fc7d7
| ホームへ戻る |