あっぷる・くらぶ1 禁じられた遊びシリーズ

あっぷる・くらぶ1 禁じられた遊びシリーズ

『あっぷる・くらぶ1 禁じられた遊びシリーズ』は、
1988年にPC88用として、フェアリーテールから発売されました。

最近はテーブルゲームのアダルト物はほとんどなくなりましたが、
昔は結構あったわけでして。
本作もその内の1本になりますね。

ゲームジャンル:テーブルゲーム
appleclub11_20150620082810ec2.jpg

ゲームは女の子3人との7並べです。
全部で5回戦を行って、その結果でプレイヤーが1位なら2枚、
2位なら1枚の割合で最下位の女の子が脱いでくれます。
もちろんプレイヤーが最下位なら、野郎が脱ぎますw
女の子のCGも5段階ありますので、全部脱がせるのは結構大変ですね。

ゲームとしては、結構良く出来ていた部類でしょうね。
もしかしたら自分が7並べが下手糞なだけかもしれませんが、
意外と手強かったです。
操作性も良かったと思いますし、7並べ自体に不満はある人はいても、
ゲームの内容にはあまり不満はないかと思います。
いや正直なところ、少し7並べを馬鹿にしていたように思うわけで、
これはこれで中々奥深いのだなと、7並べおそるべしと思ったものでした。

問題は脱がせる対象の女の子ですね。
3人だけってのは、ちょっと寂しいのかなと。
もっとも、本作は追加データを購入することで、
新たな女の子を脱がせることができました。
初期の3人も可愛い系の路線で悪いとは言わないのですが、
ハッキリ言って別売りのデータに入っている子の方が、
クオリティが高かったです。

データ集は5種類あって、
「セーラー服編」「秘密の花園編」「日本の夏・ゆかた、着物編」
「隣のお姉さん編」「お嬢様と一緒編」になります。

個人的な好みからいえば、
「隣のお姉さん編」と「お嬢様と一緒編」の女の子が好きでした。
appleclub10_201506200828097fb.jpg

総合では一応満足できましたのでギリギリ佳作ってところでしょうか。
データ集の子たちも最初から収録されていれば、
良作扱いでも良かったんですけどね。
あまりこういう商法は昔から好きではなかったので、
点数には反映させません。

こういうのを名作と言い出す人はほとんどいないでしょうが、
暇つぶしには調度良いので意外と重宝した作品でした。
需要もそれなりにあると思うし、
こういうのはもっと増えて欲しいものですね。

ランク:C-(佳作)

アップル・クラブ・ワン

関連するタグ PC88 /ADV /TBL /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1988」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/384-2ccc43c2
| ホームへ戻る |