Rance II 反逆の少女達

Rance II 反逆の少女達

『Rance(ランス)2 反逆の少女達』は1990年にPC88用として、
アリスソフトから発売されました。

実質的にランスはここから始まったという作品でした。

ゲームジャンル:RPG
前作で

ある初代はADVでした。
本作もADVパートとダンジョンRPGがくっついたような形ですが、
基本的にはRPGと考えて良いでしょう。
よって、ここからRPGとしてのランスが始まるわけですね。

内容的にはカスタム四魔女、
つまり魔想志津香やマリアなどが出てくるのもこの作品で、
本作によってようやく後のメインキャラたちが出揃った感じです。

そういう意味では記念すべき作品でもあるのですが、
実はこの段階では魔想さんたちはまだ仲間ではありません。
むしろその逆で、倒すべき敵として出てくるわけですね。
それぞれの魔女が中ボス的な感じで出てきて、
魔想さんがラスボスとなるわけです。

この作品がなければ後の作品が続かないことを考えれば、
その存在意義は大きいと考えることもできるでしょう。
でもそれは後のシリーズ作品を考慮した場合の話であって、
本作単体としては普通って感じでしたかね。

良作ではあったけど、名作というに少し足りないように思いました。
なので個人的には良作としておきます。

ランク:B(良作)



関連するタグ PC88 /RPG /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1990」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/382-174fe70b
| ホームへ戻る |