分裂守護神トゥインクル☆スターAct.1

分裂守護神トゥインクル☆スターAct.1

『分裂守護神トゥインクル☆スターAct.1』は1993年にPC98用として、
スタジオ・トゥインクルから発売されました。

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV
属性:変身ヒロイン

twincles01.jpg

スタジオ・トゥインクルというのは、
元バーディソフトのメンバーが立ち上げたブランドなわけでして。
バーディ時代からグラフィックは抜群だったのですが、
林家ぱーさんの絵はいつ見ても良い感じですね。
もっとも本作では原画だけが良いのではなく、
随所で挿入されるアニメーションもウリになっていました。

ここで大まかなあらすじを書きますと、
ある日主人公に不思議な力が発動し、
4人に分裂した守護神とともに、
破死裏獣とそれを操るダイアと戦うことになります。

本作はAct.1ということで4人の守護神を探し出すのがメインとなりますが、
基本的には守護神の女の子らのドタバタを楽しむ感じで、
コメディ系の作品と言えるでしょうね。
それと守護神には変身シーンらしきものもあるわけですが、
雰囲気的にはセーラームーンとかの魔法少女モノと同じなんですよね。
また随所に特撮戦隊モノの雰囲気が漂っていますので、
つまりはそういう系統が好きであればあるほど楽しめるわけです。

そういうわけで笑えるテキストに魔法少女や特撮戦隊モノのノリが加わり、
そこに可愛いキャラとアニメーションが上乗せされているってことですね。
ゲームにアニメーションは必須とは思わないのですが、
本作はこういう設定ですからね、
変身シーンとかにアニメーションがなければ醒めてしまいますし、
お約束とは言え要所要所での変身アニメで興奮もしてくるってものです。
立ち絵だけでなく顔CGと噴出しを組み合わせた手法も含め、
演出面全般がテキストを活かすことに上手く機能していたように思います。

twincles02.jpg

このテキスト、ひいてはゲーム全体を活かすという意味では、
システム面の貢献も忘れてはならないのでしょう。
本作は一応はコマンド選択式のADVとしておきましたが、
むしろノベル系のADVに近いのかもしれません。
基本は読み進めつつ、随所で選択肢が出てくるわけで、
それを選べばサクサクと進んでいくのです。
当然コマンド選択式にありがちな同じものの繰り返しはありませんので、
最近の人でも違和感なく楽しめるように思います。
そしてこれを基本としつつ、
Hシーンではアイコン形式のおさわりモードになりましたし、
敵がいることで単純なミニゲームも挿入されたりしました。

つまり効果的なアニメーションの導入だけでなく、
その場その場で相応しいシステムにも切り替えつつ、
どれもテキストのテンポを阻害しないように作られていたわけで、
これはとてもセンスのある作りだと思ったものです。

こういうゲームは中々ないもので、
多分本作が嫌いって人はいないんじゃないかなって思います。
一見すると特別新しい点はないようなのに、
それなのに評判がとても良かったのは、
それだけ全ての面で配慮が行き届いていたってことなのです。
これは総合でも名作という人がいても、何ら不思議ではない作品でしょうね。

ただ、全く欠点のないゲームでもないわけでして。
1つは楽しいテキストも、終盤やや失速気味だったこと、
もう1つは上記のように本作は1作目で起承転結の起でしかないことです。
これで完結していれば文句なしだったんですけどね、
さぁこれからだってところで終わってしまうわけで、
早く2を出せよと思ったまま今日になってしまいました。
それでも名作に値する作品だと思いますが、
完結していればと思うとつくづく勿体無く思う作品でしたし、
楽しい作品でしたね。

ランク:A-(名作)

PC-9801 3.5インチソフト 分裂守護神トゥインクルスター

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1993」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/379-4d4bf5db
| ホームへ戻る |