ファミコン探偵倶楽部PARTII うしろに立つ少女

ファミコン探偵倶楽部PARTII うしろに立つ少女

『ファミコン探偵倶楽部PARTII うしろに立つ少女』は、
1989年にディスクシステム用として任天堂から発売されました。

ファミ探シリーズの第2弾になります。

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV

ファミコンミニ ファミコン探偵倶楽部PARTII うしろに立つ少女 前後編

正式には前編と後編の2本からなるのですが、
発売は1ヶ月しか違わないし価格も1本当たりは通常の半分しかないので、
あわせて1本のソフトと考えておきます。

ファミコン・ディスク時代の末期の作品ですからね、
ファミコン・ディスク作品内でのクオリティとしては、
この時代の作品ではトップクラスに入るでしょう。
加えてラストの盛り上がりとかもありますので、
一般的にはこの時代を代表する1本として扱われているみたいです。

私も十分楽しんだつもりですが、
そういう一般的な評価と比べるとかなり辛めなのかもしれません。

まず、システム的には特に目立った要素もなく、
従来からの課題であったボリューム不足もそのままです。

この頃って、もうADVの黄金期は過ぎ去った頃でしたよね。
売り上げや人気の面ではRPGとか他ジャンルにもっていかれていました。
ADV自身もジャンルとしての限界が見えつつあったわけで、
だからこそそういう先細りを打破すべく、
マイナー機種ではいろいろと実験的な作品も生まれ始めていました。
その試みの全てが上手くいったとは思いませんが、
そういう意気込みは好きなわけでして。
それ故に、本作の旧態依然としたマンネリ感に、
どうしても時代遅れなイメージを感じてしまったのです。

まぁ、それでもADVですからね、ストーリーが良ければ万事OKです。
本作もラストの展開は良かったですしね。

ただ、本作の特徴はホラー要素がある点だと思いますが、
私は怖いという感覚がマヒしているのです。
ホラー物で怖いと思えないタイプなんですね。
決して嫌いなわけではないし、
例えば小説の『リング』なんかも発想が面白いなって思って、
かなり好きな作品であります。
でも、微塵も怖いとは感じなかったわけでして。
そんな人間なんで、
本作で言われる怖さが良く分かりかねる面もあったでしょう。
なので、人よりは楽しめなかったかと思います。

加えて、ホラー要素のある推理ADVというのは、
当時の家庭用ゲーム機ではまずなかったかと思います。
小説の本格的なホラーブームももう少し先ですから、
珍しさが強かったかと思います。
本作が好評を得たのも、こうした点抜きには語れないでしょう。
しかし、PCのADVでは幾つかありましたからね。
2番煎じとは言いませんが、
どうしても感じたインパクトは弱くなっちゃったんですよね。

また、本作は後編はまだしも、前編はかなりつまらなかったです。
まとめて買わなかったら、もしかしたら放置していたかもしれません。
後半のプラスと前半のマイナスを相殺すると、
全体としてはそれ程ずば抜けてるとも思えなかったり。

結局普通に楽しかったけれど、それ以上でもないってのが、
私の感じた印象でした。
2年早ければ名作として扱ったでしょうが、
ちょっと遅かったかもしれませんね。

ランク:C(佳作)

ファミコンミニ ファミコン探偵倶楽部PARTII うしろに立つ少女 前後編

関連するタグ ADV /ファミコン /コマンド選択式 /


消えた世界と月と少女   少女グラフィティ    少女と年の差、ふたまわり。
カテゴリ「1989」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

久しぶりです
このゲームは子供のころはすごく楽しかった記憶があるんですが
大人になってからすると、なんだかシナリオが短くて
こんなもんかって感じでした

お久しぶりです。
このシリーズのコンセプト自体が、子供でも楽しめる推理物をって感じでしょうからね。
本来意図した物を作れたという意味では良く出来た作品なのかもしれませんが、それだけに大人になると物足りなく感じてしまうタイプの作品なのかもしれませんね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/37-f3b13c8d
| ホームへ戻る |