仏蘭西少女 ~Une Fille Blance~

仏蘭西少女 ~Une Fille Blance~

『仏蘭西少女 ~Une Fille Blance~』は2009年にWIN用として、
PILから発売されました。

ゲームジャンル:ノベル系ADV
原画:Tony シナリオ:丸谷秀人

仏蘭西少女 Une fille blanche 初回限定版 PrettyBOX

原画がTonyさんにライターが丸谷秀人さんで、舞台が大正時代。
発売前はかなり期待していた作品でしたね。

そして、いつものことではありますが、
今回もまたTonyさんの絵はとても良いです。

ただ、本作は画面全体を文字で覆うタイプのノベルゲームなわけで、
せっかくの綺麗な絵が文字で覆われてしまいました。
一昔前には全体を覆う形式のノベルゲームもありましたが、
かかる形式はグラフィックの貧弱な場合に有用なわけです。
絵が武器となりやすいアダルトゲームでは必要性が弱いわけで、
だから今日では減ってしまったのでしょうに。
そうなると、グラフィックが特に武器となるはずのこの作品で、
なぜにこの手法を選んだのかが解せません。
もちろんこの手法はより小説らしい形式で書けるとの利点もありますが、
何れにしろ文章と絵とをはかりにかけて、
結果的に絵を犠牲にしたって側面は否定できないでしょう。
なので、せっかくの長所が若干弱まってしまったように感じました。

次にシステムですが、基本的にはノベル系のADVになります。
ただ、非常に選択肢の数が多い上に分岐条件も複雑でした。
選択次第でガラリと展開が変わるタイプなら多いのも歓迎しますが、
蓄積される本作のようなタイプでは、
何がどう影響しているのかが分かりません。
結果的に非常に高難易度になり、
自力でクリアするには総当りするくらいの覚悟が必要となりました。
ADVのジャンルには幾つかあるわけですが、
コマンド選択式の全てが総当りを強いられるわけではありません。
どんなジャンルにも良し悪しがあるのであり、
ノベルゲームにだって総当りゲーがあるわけです。
本作もまた、そんな総当りゲーの1つなのでしょう。
そしてノベルゲーの総当りは、コマンド選択式の総当りよりだるいです。
制作者が何を考えて作ったかは知りませんが、
ゲーム作りのセンスがないとしか言いようがありません。
ED数が多ければ良いとか分岐が多ければ良いとか、
或いは難易度が高ければ良いってのは勘違いも甚だしいです。
ことゲーム性に関しては、本作は最低レベルにあるのだと思います。

ストーリーは、雰囲気的には結構良かったです。
しかし、展開のわりには無駄に長く、だれてしまいました。
絵を犠牲にしてまでも見せつけたテキストは、確かに非常に凝っています。
だからこそ余計に、
ライターの書いた小説を読ませたいって意図が前面に出てきて、
全体としてのバランスを欠いたように感じました。

総じて、全体のバランスが悪いがゆえに、
長所となるべき点まで消してしまった作品でした。
同時に、とても時代錯誤なゲームに感じてしまいました。
田所さんのいたころのPILはあれはあれで偏っていた面もあったけど、
ゲーム作りは上手いところでした。
そこで一緒にやった経験があるはずなのに、
何でこんなものを作ってしまったのか、
もう一度初心を思い出して欲しいなと思いましたね。

まぁ、内容的には凡作なのですが、
如何せんTony絵にまきいづみさんの声がツボすぎたわけで、
キャラへの思い入れの強さでギリギリ佳作としておきたいと思います。

ランク:C-(佳作)

仏蘭西少女 Une fille blanche 初回限定版 PrettyBOX

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2009」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/363-c19a59cb
| ホームへ戻る |