シュヴァルツシルト

シュヴァルツシルト

『シュヴァルツシルト』は1988年にPC-98用として、
工画堂から発売されました。

工画堂の看板シリーズ第1弾になります。

ゲームジャンル:SLG
属性:SF

schwa01.jpg

ゲームはいわゆるウォーシミュレーションと呼ばれる、戦略物のSLGになります。

純粋なSLGとしての出来ならば、
たぶん普通の良作ってところなのでしょう。

しかし、本作の特徴はそこにあるのではなく、
シナリオシミュレーションと呼ばれるように、
ストーリーをきちんと用意したことにありました。
おそらく戦略SLGでは初めてではないでしょうか。

私はSLGも好きでよくプレイするのですが、
本質的にはADV好きでADVの方に比重があったりします。
なので、ストーリーのあるSLGってのは、
まさに好みのど真ん中なわけです。

まぁ、私の好みはどうでも良いかもしれませんが、
それを抜きにしても意義があったと思います。
即ち、SLGは序盤から中盤は非常に楽しめるのですが、
勝利が見えてくるとモチベーションがおちてきます。
ADVはストーリーがあるので終盤に盛り上がるものが多く、
だからプレイ後にも印象に残っていることが多いのです。
本作はSLGにストーリーを追加したことで、
SLGにありがちな終盤の弱さという欠点を克服したわけです。

こういうストーリーのあるSLGって、
私は好きなんですよね。
でも、あまり数が増えないから、皆そうじゃないのかな?
そこら辺はよく分からないのですが、
一定の固定ファンはいるみたいでこのシリーズもまだ続いています。
ちょっと最近のはやってないので、
今どうなってるのかが私はわかんないのですけどね。
何にせよ、20年以上ファンがいて続いてるってのも凄いことです。
そんなのランスシリーズとこれくらいしかないんじゃないでしょうか。
ランスシリーズともども、いつかは完結して欲しいものですね。

ランク:A-(名作)

関連するタグ PC98 /SLG /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1988」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/36-69104c15
| ホームへ戻る |