スナッチャー

スナッチャー

『スナッチャー』は1988年にPC88用として、
コナミから発売されました。

作品自体は古いのですが、
各機種に移植されたりリメイクされたりしてますから、
結構知っている人は多いのではないでしょうか。

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV
スナッチャー

これはベテランの方、
特にリアルタイムでプレイした人の中での絶賛度が凄い作品でしたね。
私の知人の中でも絶賛している人がいますし。

グラフィック・サウンド・世界観・ゲーム性と、
どの点も素晴らしい内容でした。
この作品をもってPC-88のADVの最高傑作と呼ぶ人が多いのも、
十分にうなずけます。

私も十分に面白いとは思うのですが、
周りで熱く語っているのに比べると、少し冷めているのかなとも思ったり。

というのも、最初から完結していれば傑作だったのでしょうが、
如何せんオリジナルの本作は完結してないですからね。
コマンド入力式の時代であればそれでも構わないのかもしれませんが、
クリアされることが前提のこのシステムでは、
個人的にはちょっと物足りなくもありました。
それと私はあまり気にしないのでマイナスにまではなりませんが、
一部で某映画に似てるってのも、
今なら人によっては気になるでしょうしね。

また、コマンド選択式としての完成度は高いのですが
(コマンド選択式ADVのゲームとしての面白さが分からない若い人には、
本作や『ポリスノーツ』をオススメします。
きっと、コマンド選択式もここまでゲームとして面白く作れるんだってのが
分かるでしょうから)、
それ以上の新しい要素もなかったんですよね。

加えて、グラフィックやサウンドも凄かったけど、
前年の『ジーザス』のようにこれでADVの方向性が変わったみたいな、
そんな勢いも感じられなかったですしね。

総合では当初は名作だと思っていたのですが、
年々ストーリー面に疑問を持つようになったこともあり、
名作に近い良作にとどめておきたいと思います。
他所が新たなシステム作りや、
新たなストーリーやキャラ作りに心血を注いでいるのに、
安易にどこからか持ってきたようなのがそれ以上に評価されるのは、
何だかおかしいよなって思えますから。
まぁ私の感想はそんなところなのですが、
一部で80年代最高のADVという声があったのも確かであり、
ADV好きなら少なくとも名前は知っておくべき作品だとは思いますね。

ランク:B(良作)

スナッチャー

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド選択式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1988」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/359-b71d775c
| ホームへ戻る |