『アマカノ2』

『アマカノ2』

『アマカノ2』は、2020年にWIN用として、
あざらしそふとから発売されました。

丁寧に作られた恋愛ゲームでしたね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
何かが始まる時というのは、
どうやら急に、そして重なって起こるようだ。
田舎からの帰りの新幹線で、偶然となりの席になった少女、黒姫結灯。
ほとんど交流がなかったものの、
一緒に暮らすことになる従妹、氷見山玲。
二つの出会いは、隣に住んでいる年上の幼馴染、
蔦町ちとせの存在とともに、
これまで変化のなかった日常を、紅葉のように色づかせてゆく。
偶然から始まること。小さな縁から繋がること。
いつもどおりから変わってゆくこと。
秋も深まる中、少しずつ『恋』の予感が訪れ始めていた。

<感想>


舞台は古都・白鷺市とありますが、まんま金沢市ですね。
数年前に金沢に行ってきましたが、
本作をプレイしていると、また行きたくなります。

本作は、端的にいえば恋愛ゲームになります。
ストーリー性とかへたにあれこれ欲を見せずに、
純粋に恋愛を扱った作品です。

本作の良いところは、何といってもグラフィックになるでしょう。
特に塗りは、とても良いと思います。
また、塗りが良いだけではなく、
E-moteによる目パチ・口パクや、陰毛のオンオフ、
ハート目オンオフなど、細かい部分も配慮されており、
全体的に丁寧に作られているという印象を受けました。

私は、純粋な恋愛ゲーは年々楽しめなくなってきていますが、
新規ユーザーのためにも、
こういう作品はずっとあり続けて欲しいですね。

他方で、もの足りないところとしては、
プレイしていて単調に感じるところでしょうか。
純粋な恋愛ゲーで、シンプルなノベルゲーというのは、
エロゲでは一杯あるのかもしれませんが、
個人的には非常に難しい組み合わせだと思っています。
すなわち、ひと昔前の恋愛SLGのように、
ストーリーを恋愛だけに絞るのであれば、
何かしらゲーム性を加えたりしないと、
どうしても飽きてきてしまうように思うのです。
私が恋愛ノベルに辛口になりがちなのは、
この辺りにも起因しています。

<総合>


総合では佳作と言えるでしょう。

上記のとおり、私の好みとは異なるので、
主観的な満足度はもう少し低いのですが、
初心者向けの恋愛ノベルという観点からは、
丁寧に作られた良い作品だと思いますね。

ランク:C(佳作)





関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「2020」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3575-7a6b0613
| ホームへ戻る |