『Sugar*Style』

『Sugar*Style』

『Sugar*Style』は2019年にWIN用として、
SMEEから発売されました。

SMEEらしからぬ作品ではありましたが、
キャラが非常にツボにきた作品でもありました。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
春はもっと楽しい季節であるべきだ――!!
悪い女に騙されたり、借金をこさえた親に夜逃げされたり……。
不運なトラブル続きでろくに進路を決められずにいた俺は、
心優しい親戚の紹介で地方の専門学校へと進学を果たした。
『今度こそ俺は自分の人生を謳歌できる!』
そんな期待に胸を膨らませながら着いた【ひだまり寮】。
なんとそこは、女性しか住んでいない小さな学生寮だった!
きっとこの中に運命の出会いが……!
などと美人に囲まれ浮かれているのもつかの間、
当然男は俺1人なので警戒されてしまう流れに……!
しかし、俺はまだあきらめない……!
今年の春こそは、絶対に楽しい時間にしてみせる!!

<感想>


SMEEの作品は単に読むだけではなく、
何かしら工夫している作品が多いことから、
何だかんだで注目し続けているのですが、
最近は少しずつ関心が薄れているように思います。
そのため、最初は、本作にもあまり期待はしていませんでした。
しかし、体験版をやったみたら、予想外にとても楽しめたので、
それでプレイしようと思ったという感じですね。

本作のような設定、つまり寮に男性は主人公一人で、
他は皆女性というシチュは、わりとよくあると思います。
そのため、広い意味では特に目新しさはないのですが、
本作は主人公だけでなく、ヒロイン達も初対面であり、
主人公を含めたキャラ達全員が、共同生活を経ることで、
互いを少しずつ知っていくわけでして。
その過程が、わりと良く出来ていたように思います。
そういう意味では、本作の良い部分は後半の個別ルートではなく、
前半の共通部分にあるといえるのでしょう。

まぁ、本作に関していえば、私の場合、
キャラがツボにきたということが大きいかもしれません。
読んでいて全体的に楽しかったですし、
どのキャラも良い味を出していたのですが、
その中でも特に、真央が気に入りました。
こういう見た目のキャラは普段はほとんど好きにならないし、
後輩キャラもあまり好きになることはありません。
だからプレイする前は全くノーマークだったのですが、
我ながら珍しい体験でした。

上記のとおり、楽しさのピークが個別に入る前まででもあり、
最後の伸びがないので、
あまり名作とか言われるタイプの作品ではないかもしれません。
しかし、プレイしていて単純に楽しかったです。

さて、SMEEの作品に今まで私が注目していた理由は、
このブランドがゲームデザインにも凝る傾向があるからです。
本作も、多少は構成面とか多少考えているようですが、
実質的には普通のノベルゲーといえるでしょう。
なお、本作では、個別ルートに入ったあとに、
ヒロインの部屋の中を画面クリックで調べる場面があります。
もっとも、これは忘れた頃にしか出てこないうえ、
あまり効果的に使われているとは思えませんでした。
これ、もっと序盤から混ぜた方が良かったのでは?
たとえば、まだヒロインたちとの仲が良くなる前、
主人公は誤解でよく変態扱いされたりするのですが、
画面クリックで偶然見つけたものから誤解を招くとか、
もう少しやり方があったように思います。
大半のユーザーは気にしないかもしれませんが、
SMEEファンはこういう部分にも期待していると思いますので、
ファンであるほど残念に思いかねないわけで、ちょっと残念でしたね。

<総合>


総合では良作としておきます。

個人的には、一作品としては、凄く楽しかったです。
ただ、楽しくはあったけれど、
それはテキストやキャラが自分に凄く合ったからともいえます。
あと、真央が可愛かった。
他方で、ゲームデザインに凝るというSMEEらしさは、
本作では薄くなっており、これでは他のブランドとかわりません。
仮に本作のテキストやキャラが自分に合わなかったとしたら、
私は本作を低く評価していたでしょう。
したがって、個人的には楽しめたけれど、
SMEEファンにはおすすめしにくい作品でもあると思います。
できれば次回作以降は、
昔のようなSMEEらしさを感じられる作品を作ってもらいたいですね。

ランク:B-(良作)





関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「2019」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3574-d14c622d
| ホームへ戻る |