『とある母親の過ち~縁その後篇~』

『とある母親の過ち~縁その後篇~』

『とある母親の過ち~縁その後篇~』は2018年にWIN用として、
らすこうから発売されました。

人妻を寝取るというよりも、おねショタを楽しむ感じで、
とても満足できた作品でした。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
『最近、母親の様子がおかしい…』。
そう思ってからしばらく経ったある夏…。
最近、母は仕事を始めたらしいが何か違和感を感じる息子『賢人』…。
久しぶりにSNSを覗き見してみると…。

<感想>


2016年に発売された『とある母親の過ち~縁篇~』の続編なので、
できれば前作からプレイした方が良いのでしょう。
もっとも、前作はそれほど良い作品でもなかったし、
前作必須という作品でもないので、
本作からのプレイでもあまり問題ないように思います。

本作は、基本的には、クソガキが、同級生の母親を寝取るという、
いわゆる寝取り(NTL)ゲーになります。
同級生の母親といっても、まだまだ若いですから、
どちらかというと、おねショタ系の作品と考えた方が良いのかなと。

おねショタらしさの漂う母親NTLというのも、
ありそうでそれほど数はないように思います。
それもあってか、或いは単純にこのサークルの作品が自分に合うのか、
それともその両方なのか、いずれにせよ、
主観的にはとても満足できたし、エロかったです。
こういう作品も良いものだなと思わせた以上、
十分に成功した作品だと思います。

ストーリーやテキストが良かったこともありますが、
その他の部分も物語を盛り上げるのに役立っていました。
本作は、母親が子供の同級生の家庭教師をするのですが、
1週間分のスケジュールをたてることにより、
適度なゲーム性があります。
また、SNS『rasbook(ラスブック)』日記参照機能の実装により、
他人の秘密を覗き見する楽しさもあります。
そして、ヒロインである母親の服が、
毎日細かくかわるというのも、現実感を増すのに貢献しています。

まぁ、ゲーム部分は少し面倒くさい気もするので、
賛否分かれるかなとも思いますが、
作品全体としては、良く出来ていたと思います。

<総合>


総合では良作としておきます。

主観的な満足度は非常に高く、その観点だけで判断するならば、
名作としていたでしょう。
ただ、らすこうのとあるシリーズについては、
過去に既に2作品を名作と判断しています。
3本目も名作とするには、
若干インパクトが足りなかったように思います。
そのため、総合では良作止まりなのですが、
このサークルの作品は好きな作品ばかりなので、
今後にも期待したいところです。

ランク:B(良作)



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「2018」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3570-0a1c31a8
| ホームへ戻る |