『とも鳴りの舟 ~Empty room We onry satisfy~』

『とも鳴りの舟 ~Empty room We onry satisfy~』

『とも鳴りの舟 ~Empty room We onry satisfy~』は、
2019年にWIN用として、succulentから発売されました。

同人ブランドの、ゆにっとちーず等でシナリオを手掛けてきた、
山野詠子さんによる女性向けの作品になります。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
──ダメダメな私と、すかすかのあなた。
独り暮らしで売れない風俗嬢をやっている美倉たがね。
仕事帰りに家のベランダに出ると、向かいのアパートのベランダで、
男女が裸でセックスしているのを見てしまう。
男と目が合い、まずいと思って部屋に引っ込んでカーテンを閉めるが、
しばらくすると玄関からチャイムの音。
嫌な予感がしつつ応対するとさっきの男がいた。
そのまま部屋に押し入られてレイプされてしまうたがね。
そのうえ男は、部屋にあがって冷蔵庫の中身を漁る、
たがねのベッドですやすや寝るなどやりたい放題。
親に連絡されるのを恐れて警察に言い出せないたがねは、
仕事の疲れもあってその場で気絶するように眠ってしまう。
その日から男とたがねの奇妙な関係が始まった……。

概要
最悪の出会いをした男女・たがねと牧人が、
どのようにして互いを許し合い、歩んでいくのかを描写します。
人ごみのなかで感じる孤独とか、
傷つけあうことで大切になれる男女とか、
あとはややマニアックなセックスとか、
そういったものが好きな方におすすめです。

<感想>


山野詠子さんの作品には、一定の固定ファンがあり、
そのテキストには定評があります。
私も注目はしているのですが、これまでの作品の場合、
何かいろいろ気になってしまう部分もあり、
結論としてはあまり高く評価できていなかったと思います。

本作は女性向けの作品になります。
なお、女性向けとは言っても、BL要素とかは皆無で、
単に本作の主人公が女性というだけで、
その女性主人公と男性キャラとの恋愛やHが描かれているので、
男性プレイヤーでも何ら支障なく楽しめる内容になっています。

さて、あるライターについて、一定のファンはいるけれど、
いざプレイしてみると何かもの足りない場合に、
そのライターが女性向けに移って作品を作り出したところ、
凄く良い作品を作るようになったというケースがいくつかあります。
まぁ、女性向けの方が性に合っていた場合に限らず、
単にそのライターの脂ののった時にたまたま女性向けに移ったとか、
或いはその両方であるとか、
細かい理由はケースバイケースではあるのでしょう。
ただ、結論として、女性向けを作るようになり、
それにより良い作品が生まれるケースを何回か目にしているだけに、
この作品へも期待をしたのでした。

本作は、シナリオのボリューム自体は、
同人の価格相当量であり、それほど多くありません。
また、内容も、自己肯定感に低い女性と、クズな男性とが、
マニアックなプレイを重ねながら、
少しずつ精神的に成長していくという、
ある意味シンプルなものではあります。

しかし、その決して多いとはいえない中に、
このライターの良さが全て凝縮されていると、
私は感じました。
これまでライターが表現したかったもの、
ずっと自身の中で抱えていたものが、
女性向け作品という舞台にかわることで、表現が洗練され、
作品としてようやく昇華されたように思います。
これまでの作品のように、どこか引っかかるところもなく、
す~っとこちらにも入ってきましたし、とても良かったです。

<総合>


総合では良作といえるでしょう。

女性向けに舞台を移したことで、
また素晴らしいライターが一人誕生しました。
ストーリー自体はシンプルであること、他に特徴があるわけでもないこと、
ボリュームが多いわけでもないこと等から、
私の基準では名作とはしにくい作品なのですが、
今後の作品にも期待ができますし、注目していきたいと思います。

また、シナリオを重視していますという方であれば、
まず楽しめる作品といえますので、
ぜひともプレイしてみてもらいたいと思いますね。

ランク:B(良作)



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「2019」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

山野作品ということで覚悟してプレイしましたが、後味良く爽やかな読後感でした。
現実に立ち向かう強さを得てのラストは感動しましたね。
まさに最高傑作でした。

>yukimuraさん

開始直後は、これ一体どういう方向に向かうのだと思いましたが、
後味の良い、プレイして良かったと思える作品でしたね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3562-f4c95cde
| ホームへ戻る |