『神様のような君へ』

『神様のような君へ』

『神様のような君へ』は2020年にWIN用として、
CUBEから発売されました。

カントクさんの原画で注目を浴びた本作。
同ブランドの作品の中でも、一番のお気に入りとなった作品でした。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
ハッキングが得意な青年――城前塊斗(しろまえかいと)。
塊斗は学生にもかかわらず、
最高レベルのプロテクトを ハッキングで突破することで、
無数のAIを統括するC‐AI(セントラル・エーアイ)への命令権を得る。
人が生きるために必要なインフラストラクチャーの大半は、
AIにより最適化されている現代。
どんなことでも可能になった塊斗は命令する。
「この俺、城前塊斗のことを大好き、という女の子と会わせてほしい!
目がぱっちりかわいくて、優しく甘えさせてくれて、あと、巨乳で!」
ただし回答は……『該当者なし。検索結果は0件』
落胆する塊斗だったが、AIは深夜のロボット工場を起動し、
塊斗がオーダーしたとおりの容姿のロボットを製造する。
そして数日後、塊斗のイメージした通りの少女――ツクヨミが現れる。
ツクヨミは人間離れした身体能力を持ち、
塊斗に絶大な好意を抱いている。
しかし、AIであるため、常識がない。
まだ塊斗の理想に届いてないと判断したツクヨミは、
‘‘大好き’’を完璧に表現しようと決意する。
――神様のような君。
理想の女の子(だけどロボット)と出会った塊斗には、
果たしてどんな未来が待っているのか?

<グラフィック>


カントクさんといえば、
個人的には「変態王子と笑わない猫。」の絵が一番好きですが、
多方面で活躍されているイラストレーターですよね。
ゲームの原画もいくつか手掛けているものの、
あまり満足できた作品はなかったように思います。
そのため、久しぶりのカントクさん原画の作品ということで、
期待していた作品でもありました。

キャラは可愛かったですし、
十分期待に応えてくれる内容だったと思います。
ただ、グラフィック全体としてみるならば、
期待を大きく超えるほどの驚きや魅力まではなかったのかなと思います。

<感想>


基本的にはキャラの魅力が大きいキャラゲーだと思いますが、
近未来を舞台にしたSF風味を混ぜることで、
ストーリーに関しても十分楽しめる作品といえるでしょう。

個人的なお気に入りは、やっぱり朝倉霧香でしょうか。
後輩で、いわゆるぼっち系のヒロインでして。
この手の属性はあまり好きになることはないのですが、
霧香は妙にツボにはまりました。

私自身は十分に楽しめたのですが、
設定やストーリー的には特別珍しいというわけではないですし、
ヒロインのルートによってやや落差があるのと、
評判が良いとされているルートであっても、
設定が人によっては受け入れられない場合もあり、
その点で少し人を選んでしまうかもしれませんね。

<総合>


総合では良作といえるでしょう。

欠点の少ない総合力の高い作品だといえますし、面白かったです。
ただ、名作というには、
もう一つこれはと言える部分が足りなかったように思います。
とはいえ、カントク原画作品の代表作といえる作品だと思いますし、
ブランドの代表作といえる作品でもあるでしょう。
その意味でも、十分プレイする価値があると思いますね。

ランク:B(良作)





関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「2020」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3559-5b2e50c4
| ホームへ戻る |