『月の彼方で逢いましょう』

『月の彼方で逢いましょう』

『月の彼方で逢いましょう』は2019年にWIN用として、
tone work'sから発売されました。

テキストとかは面白く、キャラも良かったのですが、
それだけにゲームデザイン等の全体の構成の惜しさが、
悔やまれる作品でした。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。
本作は高校生編とアフター編の二部構成になっています。

あらすじ・・・
2年生の夏、青春の日々。
彼女たちは誰よりも気まぐれで、誰よりも謎めいていて、
そして誰よりも美しかった。
初めての恋。甘酸っぱい思い出。
心残りと共に、夏の日は過ぎ去っていった。
25歳の夏。
気がつけば、サラリーマンになっていた。
空を見上げながら、ふと夢のような日々のことを思い返す。
懐かしむように、かつて学生時代に使っていたスマートフォンを起動する。
メッセージアプリを起動すると、自分自身にメッセージを送ってみる。
「後悔するぞ」
かつての自分に向けた、届くはずのない想い。
しかし、スマホは振動を返した。
「いきなりなんだよ?」
それは、過去の自分自身からのメッセージだった…

<感想>


同ブランドの過去作より自分好みの絵になったことと、
評判が良さそうなことからプレイした作品でした。

上記の通り、本作は二部構成になっており、
主人公とヒロインの恋愛を、短い期間ではなく、
ある程度の期間を使って描いています。
また、本作はシリアスな要素だけでなく、SFの傾向もあることが、
同ブランド過去作との違いともいえるのでしょう。

アフターを描いた作品とか、二部構成の作品とか、
そうしたある程度の期間を描いた作品は、個人的には好みだったりします。
そのため、このブランドの作品には注目しがちなのですが、
いつも冗長に感じたりして、いまいち楽しみきれていませんでした。
しかし、本作の場合、テキストも基本的に楽しめましたし、
グラフィックも良かったことから、
基本的には結構楽しめましたし、部分的に見るならば、
かなり良いところもあったと思います。
ただ、どうしてもひっかかる部分があり、
個人的にはその部分がとても気になってしまったわけでして。

若干主観的な話にもなるのですが、本作の場合、
メインヒロインよりもサブヒロインのルートの方が、
良い味を出していたりします。
そのサブヒロインのルートは後半に登場しますので、
二部構成の構造がマイナスに働いてしまっています。

まぁ、ここだけであれば、私の好みの問題ともなるのでしょう。
しかし、例えば、多くの人が気になるであろう「うぐいすルート」。
これも、ネタ自体が絶対NGというわけではないと思います。
絶対駄目というわけではないとは思いますが、
ここに否定的な意見が集まっているのは、
プレイヤーが納得できるような描写が足りていないからなのでしょう。
イレギュラーな要素を入れるのであれば、
そのイレギュラーな要素を納得してもらえるように、
その部分にこそ、より多くの時間と容量を割くべきでした。
本作はそれができていないから、唐突で説明不足になってしまい、
プレイしている方は納得しきれないのです。

<総合>


総合では佳作といえるでしょう。

良い部分だけをみるならば、十分良作と言える内容の作品でした。
しかし、二部構成という枠組みにこだわったがゆえに、
その枠組みに縛られてしまい、面白さが損なわれてしまったのかなと。
良い部分と悪い部分が混ざった作品は一杯あるし、
良い部分で満足できるのであれば、
私はそこだけを判断して評価するのもありだとは思います。
もっとも、良い部分と悪い部分とが、
ゲームの構造上、一体になってしまっている場合には、
分離が困難であり、全体で評価せざるをえなくなってきます。
繰り返しになりますが、一定の期間を扱うこと自体は良いのですが、
それと二部構成はイコールの関係にはありません。
本作は二部構成というゲームデザインにこだわったがために、
いろいろ問題が生じてしまったように感じました。
したがって、総合では佳作となりますが、
可もなく不可もないというような作品ではなく、
部分的には良いところもあっただけに、次回作には期待したいものです。

ランク:C(佳作)





関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「2019」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3556-b20b5f14
| ホームへ戻る |