『亡国のクルティザンヌ』

『亡国のクルティザンヌ』

『亡国のクルティザンヌ』は、2015年にWIN用として、
Cosmillicaから発売されました。

十九世紀、第二帝政期のパリを舞台にした、2人の高級娼婦の復讐劇。
コンパクトながらも、とても読み応えのある作品でした。

亡国のクルティザンヌ01

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
舞台は十九世紀フランス。
第二帝政期のパリは、ナポレオン三世統治の下、
万博の開催に街の大改造と近代に向け慌しく動いていた。
一方、花の都の影では――裏社交界(ドゥミ・モンド)が栄え、
高級娼婦(クルティザンヌ)と呼ばれる
女たちが文化から政治、経済までに深い影響を及ぼしていた。
一八六一年の或る夏の朝、
ラロンド公はセーヌに架かる橋の上で
雨に濡れながら裸足で歩く一人の美女を拾う。
だが、その正体は男を狂わせ破滅させる、女装の少年娼婦だった――

<感想>


上記のとおり、本作は十九世紀フランスを舞台にしており、
アダルトゲームとしては珍しい作品といえます。
また、単に珍しいだけでなく、史実に則りながらも、
史実に違和感なくフィクションを織り交ぜており、
その辺りが非常に上手いなと思いました。
同ブランドの他作品をプレイしていても感じたのですが、
このライターは本当によく知っているし、調べている印象を受けます。
しかも本作は、テンポ良く物語が展開されていくことから、
読んでいてどんどん引き込まれ、一気に最後まで読み終わりました。

また、本作は、前半と後半で主人公がかわります。
前半の主人公であるニナと、後半の主人公であるコレット。
本作は、時代に翻弄され続けた2人のクルティザンヌの、
復讐を描いた作品になります。
史実とフィクションの融合が巧みな本作は、
ニナの物語を読んでいるだけでも十分な満足を得られますが、
そこにコレットの物語が加わるわけでして。
似た境遇の2人ですが、2人の間にある決定的な違いが、
2人の結末にも大きく影響してきます。
そうした2人の対比という観点からも読みごたえのある作品でした。

本作は、世界史が好きな人はもちろんのこと、
ちょっと毛色が異なる読み応えのある作品を求める人にも、
ぜひともやってもらいたいと思える作品といえるでしょう。

<総合>


Cosmillicaは、2015年に優れた作品を2作、制作しました。
一つが本作で、もう一つが『恋と、ギターと、青い空。』です。
両方とも非常に読み応えがありましたし、
シナリオを重視するというユーザーであれば、
両方とも名作と考える人もいるでしょう。
また、どちらか一方を選べと言われたら、エロゲユーザーの多くは、
本作の方を選ぶのではないでしょうか。
理由としては、本作の方がエロゲユーザー受けしそうだからです。
というより、『恋と、ギターと、青い空。』が異質すぎて、
対象ユーザーをかなり選びそうなんですよね。
しかし、私は、その異質さがあるからこそ、
名作として1本選ぶなら『恋と、ギターと、青い空。』を選びます。
本作は、非常に読み応えがあったし、
読んでいてライターは上手いなと感心したのですが、
もう本当にあとちょっとだけ、
突き抜けた部分が足りなかったように思います。
というわけで、総合では良作としておきます。

評価としては良作(B)ですが、私の場合、
A-の名作よりもBの良作の方が、
主観的には好きな作品が結構多かったりします。
本作は、主観的には大好きな作品であり、
A-の名作の多くよりも好きな作品と言えるでしょう。
このライターの作品を、もっとプレイしたいものです。

最後に、本作はDL版もなくなり、一時期入手不可となっていました。
しかし、今年になって一部再販を行いましたので、
それで入手できた人もいたと思います。
2020年は、あくまでも個人的な印象ではありますが、
過去の作品が再販されたりリメイクされた(決定含む)
という印象がありまして。
再販でもリメイクでもどちらでも構いませんが、
作者に利益が還元されることは何より良いことだと思いますし、
新作の開発につながれば良いなと思います。
そういうわけで、本作は2020年の作品ではないのですが、
2020年の最後に紹介する作品としては、
なんとなく本作が一番相応しいように思い、書いた次第です。

ランク:B(良作)



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「2015」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

OOPartsでも配信されたようです。
https://oo.parts/title/SUgGqVbatEeUqq5fIaNA

情報ありがとうございます。
そのような方法もあるのですね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3552-4b5a5f66
| ホームへ戻る |