『抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか? 2』

『抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか? 2』

『抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか? 2』は、
2019年にWIN用として、Qruppoから発売されました。

ダークホース的だった前作とは異なり、
前作からの期待があった中、その期待に応えた作品でしたね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
それは、あったかもしれないグランドストーリーの後──
青藍島を救い、真ドスケベ条例を生み出した主人公……橘淳之介。
彼はかの‘‘ドスケベ戦役’’以降、‘‘鋼鉄の6人’’の
ひとりとして、島の英雄となっていた。
激しい戦いの日々を懐かしく思いながら、
NLNSの仲間たちと穏やかに過ごす毎日。
真の共存を勝ちえ、こんな毎日がこの先もずっと続いていく。
──……そう、信じていた。
そんなある日のこと。
変態紳士の集うSNS‘‘Onatter’’で知り合った友人と、
オナホールのデータを交換した淳之介。
しかしそのオナホの快感はあまりに凄まじく、
シゴく手が光の速さを突破してしまう。
そしてたまたま居合わせたSSビックスリーと共に、
激しい光に呑みこまれ、別世界へと転移してしまった。
その並行世界とは、淳之介が‘‘性帝’’と呼ばれ畏怖され、
SS副会長として絶対的な帝位を築いている幻の桃源郷であった。
古きドスケベ条例の残る青藍島で、彼らは……。
淳之介は無事にもとの世界へと帰還することができるのか?
SSビックスリーと共に、新たな戦いが始まる──
「――これこそが、マイノリティによる真の復讐である」
舞台はドスケベOKな南の島!?パワーワードに彩られた笑いあり、
涙ありの逃走劇!

<感想>


本作については、あまり語ることがありません。
基本的には1作目と同じ傾向の作品ですので。

とりあえず、1作目を未プレイの方は、
まずは1作目をプレイしてください。
それをふまえたうえで、1が全く楽しめなかった人は、
本作もまず楽しめないと思います。

次に、1が斬新に見えた人、
そういう人はおそらくエロゲ初心者だと思いますが、
その場合は1が衝撃的に見えた分、
この2はインパクトが弱く見えたかもですね。

1に対する私のスタンスは、1の方で見てほしいのですが、
昔はあったけど最近見かけなくなったタイプを、
今風にアレンジしたのがこのシリーズであるというのが、
私の基本的なスタンスになります。
そのため、1の時は、特に衝撃を受けませんでしたし、
世間よりも評価が低くなったと。
そういう私みたいなタイプが本作をプレイした感想としては、
まぁ、基本的に前作と同じではあるのだけれど、
前作より洗練されて面白くなったように感じました。
前作の衝撃が大きければ大きいほど、
続編はインパクトが薄れて辛い評価になりがちですが、
私にはその前作の衝撃がなかったので、
ハッキリ言って前作より本作の方が楽しかったです。

<総合>


総合では良作といえるでしょう。

表記上は前作と一緒なのですが、
前作はCに近いB-であるのに対し、
本作はBに近いB-ということで、
個人的にはこっちの方が評価は高いです。
これであれば次回作も期待できそうですし、
ブランドとしても次のオリジナル作品が勝負でしょうね。
がんばってもらいたいものです。

ランク:B-(良作)







関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「2019」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3549-e9a7105a
| ホームへ戻る |