『ゴロゴア』

『ゴロゴア』

『ゴロゴア』(Gorogoa)は、2017年に、
Annapurna Interactiveから発売されました。

各機種用で発売された、斬新なパズル系のADVになります。

71t_ZZKmu1L.jpg

<概要>


手描きのストーリーが美しい、エレガントなパズルゲーム
ジェイソン・ロバーツ(Jason Roberts)により開発され、
グラフィックスが作成された『ゴロゴア』(Gorogoa)は、
パズル分野の新たな進化とも言える、美しい手描きのストーリー。

ユニークで想像力に富んだパズル
『ゴロゴア』のゲームプレイは、プレイヤーが想像力を働かせ、
贅沢に描かれたタイルをアレンジしてつなげることにより
パズルを解くという独創的なもの。
非常にシンプルでありながら、満足のいく複雑さ。

チャーミングな手描きのゲームプレイ
作者であるジェイソン・ロバーツは、
細かな手描きのイラストレーションを数千点作成して、
『ゴロゴア』の印象的な物語をつむぐ。

新しいタイプのストーリーテリング
『ゴロゴア』はゲームというだけではなく、
魂のこもった魅力的なイラストや、
他とは一線を画するパズルを通して表現する、芸術作品なのだ。

<感想>


パズルゲームということもできるでしょうが、
手描きの綺麗なグラフィックにより世界観を楽しみながら、
画面をクリックしてパズルを解いていくということで、
MYST系のADVにつながる作品といえるでしょう。
もっとも、MYST系のような難解なパズルではないので、
あまり身構えずに誰でも楽しむことができると思います。

本作は、ボリュームが多いわけでもないですし、
パズルが凄く練られているというわけでもありません。
感覚的に楽しむ作品でもありますから、
人によっては凄さが分かりにくいかもしれません。
しかし、タイルを重ねたりつなげたりしながら解くパズルは斬新であり、
本作をプレイすることにより、おそらく誰もが、
初めて体験するという、「初めて」という感想を抱くでしょう。

私の場合、ゲームの完成度よりも独自性を重視します。
本作ならではという要素ですね。
そして、何十年もゲームをやっていると、
「初めて」とか「新鮮」と感じられることが、
年々少なくなってきています。
世間で名作と言われて評判の良い作品をやってみても、
それは新規ユーザーにうけただけであり、
私からしたら既視感のかたまりみたいなことが何度もあります。
それだけに、本作をプレイして、
新鮮だなと感じられたことが、何よりの喜びでした。

<総合>


総合では良作と言えるでしょう。

小粒な作品であり、アイデア勝負の作品といえます。
とはいえ、短い時間ではあっても、
新鮮な感覚でプレイできたというのは非常に嬉しく、
たまにであってもこういう作品に出会えるから、
ゲームはやめられないのだと思った作品でした。

ランク:B(良作)


関連するタグ WIN /ADV /MYST系 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「2017」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3543-64b05405
| ホームへ戻る |