『初めての彼女』

『初めての彼女』

『初めての彼女』は2019年にWIN用として、
Waffleから発売されました。

一応NTRってことになっていますが、
ヒロイン視点からの丁寧な描写が秀逸な作品でした。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
「初恋の女の子で、初めて愛し合った女性は、風俗嬢だった」
二十歳の誕生日を三ヶ月後に控えた今でも
高木憲秋は未練を引きずっていた。
中学入学式の日から、青春の六年間を費やした初恋を、
大学二年生の今になっても、未だ捨てきれない。
告白も出来ずに離れ離れになってしまってからも、
想いを抱き続けてきたが、
あの子がどこにいるのか、いまどうしているのかも分からない。
さすがにもう諦めをつけて、
新しい恋を始めなくてはいけないと思いきり、
バイト先の店長 高橋に相談した結果、
脱童貞&あの子への想いを断ち切るために風俗デビューを決心する。
思いきって憲秋が風俗に行くと、
自分の相手になったのはなんと初恋のあの子だった…

<感想>


公式ジャンル名は重厚な青春NTRアドベンチャーであり、
寝取られゲーのテンプレ的な構造になっています。
つまり、最初に主人公視点のルートを読み、
その後に実はその頃ヒロインはという感じで、
ヒロインルートを読むという構造ですね。
本作の場合は、その後に更に派生ルートも存在しますが、
基本的には上記のとおり、
よくあるNTR作品の構造と言えるでしょう。
なお、派生ルートも後味が悪く、全体的に救いがないので、
ハッピーな終わり方でないとだめという人には、
この作品はおすすめできないです。

さて、NTRゲーの良い作品の多くは、
主人公とヒロインとの関係性が良く描かれています。
ヒロインに対する思い入れが深まれば深まるほど、
寝取られた時の破壊力が増しますから、
この部分の描写は大事になってくるのです。
ただ、本作の場合、ヒロインが風俗嬢でして。
そのことがあってか、寝取られという観点からは、
ハッキリ言って微妙な作品だと思います。

他方で本作は、ヒロイン視点のシナリオ(テキスト)が秀逸でした。
ヒロインの心情とかが、しっかり描かれているのです。
このルートだけに限っていうならば、名作級のインパクトがあります。

本作については、一般的なNTRゲーとは異なり、
主人公とヒロインとの関係性よりも、
ヒロインの境遇であるとかヒロインの辿ってきた軌跡とかの方が、
ストーリー上でも重要なウエイトを占めます。
つまり、本作は、まだ大人になりきれない若者たちが、
大人に翻弄される様を描いた作品であり、雪宮秋乃の物語なのです。
これ、このヒロインを主人公として、
即ち、雪宮秋乃の半生を描いた物語として作っていれば、
凄く良い作品になったように思います。

昔のアダルトゲームは、女性主人公の作品もいろいろありました。
なんで本作を女性主人公作品として出さなかったのでしょうか。
確かに最近は、女性主人公にしてしまうと、
乙女ゲー扱いされてしまうことがあります。
それだと、男性ユーザーに手に取ってもらえなくなります。
もし男性ユーザーに購入してもらうために、
それで無理やりNTRゲーの皮を被らされたのであれば、
何とも残念で仕方ありません。

<総合>


総合ではギリギリ良作としておきます。

狙ってこの形になったのなら話は別ですが、
セールスのためにこの形になったのだとしたら、
名作級の良いところもあっただけに、実にもったいない作品でした。
いずれにせよ、NTRとしてはどうなのかなとは思いますが、
心理描写の優れた作品をプレイしたいのであれば、
一見の価値のある作品だと思いますね。

ランク:B-(良作)

AMAZON


駿河屋


DL版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「2019」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3535-f207504c
| ホームへ戻る |