『さまぁ☆ソルト』

『さまぁ☆ソルト』

『さまぁ☆ソルト』は2019年にWIN用として、
VENUSから発売されました。

昨年から少しずつ公開されており、
同サークルの大型企画として、
少なからず期待していた作品でした。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
一流企業の優秀な社員だった主人公がある事をキッカケに退職。
社会から逃げたくなり、
しばらく貯蓄を食い潰してひっそりと暮らそうと決める。
都会の家賃では厳しいと格安の物件を探す。
見つけたのは都会から離れた田舎、亜乃山。
誰とも関わらず、気持ちが前向きになるまで
ひとりで過ごすつもりで亜乃山に来たが、
そこで翼、美紗緒、楓と知り合う。
思い描いていた生活とは一変。
夏休み中の3人と毎日遊ぶような生活になってしまう。
しかし、その出会いによって自分自身のことを
知っていくことになる……。
再婚を断り続け、亡くした夫を想う未亡人・塔子。
息子も新しい父親は望んでいないからと
生涯シングルを貫こうとしていた。
しかし、主人公と出逢い、
息子がなつく姿を見て心が変わり始める。
そんな中、塔子が営む喫茶店に危機が訪れる。
そして………………。

<感想>


VENUSは寝取られ特化の同人サークルであり、
そのストーリーの良さもそうですが、
CGや演出にも他にはない特徴があることから、
個人的には毎回新作を楽しみにしているサークルです。

さて、まずはそのストーリーなのですが、
正直なところ、同サークル前作は、
規模の大きさに反し、その内容は少し微妙でした。
それだけに、大作感の漂う本作に期待したのですが、
前作と似通った部分もありますし、
寝取られと言えるのかも微妙なところもあり、
ハッキリ言ってあまり良いとは思えませんでした。
VENUSは、あまり規模の大きい作品よりも、
コンパクトにまとめた作品の方が良い味が出せるように思います。
ちなみにストーリーに関しては、VENUSの作品が未経験の方が、
既視感とか感じることもないでしょうから、
楽しめるように思いますね。
そういう意味では、同サークル作品の初心者向けかもですね。

もう一つのVENUSの作品の特徴が、
CGや演出になります。
本作でも、一部では良いと思える部分がありました。
しかし、本作では、
これまでのVENUS独自の表現は控えめになり、
漫画的表現を用いたCG・演出が増えました。
漫画的な表現は、それはそれで工夫のあらわれだと思いますし、
芸のない作品と比べれば、十分にがんばっているといえます。
しかし、漫画的な演出というのは、
他のブランドの他の作品でも少なからず出てきますので、
本作ならではの特徴にはなりません。
VENUSには、既に他にはない魅力があるのですから、
その魅力を捨ててまで、
他でもあるような漫画的表現に切り替える必要があったのか、
個人的には疑問に思ってしまいますし、
これまでの路線での進化を期待していただけに、
むしろガッカリしてしましました。

<総合>


総合としては、凡作と判断します。

必ずしも内容に致命的欠点があるというわけではないので、
VENUSの作品を未経験であれば、
もっと楽しめたと思います。
ただ、VENUSの作品を一杯経験してきた者としては、
他の作品で十分かなとか、優先度は低いかなということで、
そういう意味での凡作ということですね。

VENUSには他にはない魅力があるわけですから、
個人的には、その魅力を追求していってもらいたいですね。

ランク:D(凡作)



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「2019」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3526-b9cc44a9
| ホームへ戻る |