『2人きりの世界を願ったら。 -Remember second-』

『2人きりの世界を願ったら。 -Remember second-』

『2人きりの世界を願ったら。 -Remember second-』は、
2018年にWIN用として、
アトリエさくら Team.NTRから発売されました。

『Remember』の「対」となる後継作品であり、
同年最高峰のシナリオゲーでしたね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
ある日、僕は願った。
世界が君と僕だけの世界になればいいのに、と。
翌朝、僕の願いが届いた。
僕らの周りの人たちが一斉に姿を消した。
そして、僕は悟った。
人類は僕の願い通りに、
君と僕以外を残して滅亡してしまったのだと。

<感想>


2011年に、『Remember 最愛の妻が他の男の腕の中で微笑む、
もう一つのIF』という作品が、同ブランドから発売されました。
このブランドは、基本的にはNTRの抜きゲーが多いのですが、
時々、とてもストーリーの良い、
いわゆるシナリオゲーを出すことがあります。
『Remember』もその一つであり、
主人公が二人のヒロインのどちらを選ぶのか、
IFの世界と現実の世界のどちらを選ぶのか、
という作品になります。
同年には、他のブランドから、
話題になった三角関係ゲーが発売されています。
しかし、宣伝の上手さと内容の良さは別であり、
私は『Remember』の方がずっと優れていると考えています。
もっとも、2011年は今世紀のエロゲの中でも、
最高レベルの豊作年だったということもあり、
総合では限りなく名作に近い良作としていました。

その対となる後継作品が、本作になります。
具体的には、前作の場合、主人公は男性であり、
複数のヒロインのどちらを選ぶのか、
すなわち、亡き彼女のいるIFの世界と、
彼女を失った悲しみを埋めてくれた現在の妻のいる現実、
その狭間で揺れ動く主人公を描いた作品でした。
本作は、その逆でして。
主人公は女性になります。
主人公には愛する旦那がいるのですが、
ある日、世界は自分と旦那だけになってしまいます。
実際には、その旦那も失われてしまうのであり、
前作と男女の立ち位置が逆になっているのです。
もう少し踏み込むならば、
前作は最愛の人物を失った主人公が、
その後に得た家族の絆により救われる物語でした。
他方で、本作は、
その家族の絆すらも失った主人公を描いた作品となります。
今作と前作は設定上はつながっていませんので、
今作だけをプレイしても、何ら支障はありません。
しかし、いろいろな面で対となることから、
前作をプレイしていると、また違った印象を抱くはずです。
そういう意味では、できることなら、
前作からプレイしてみた方が良いと思います。
両者ともロープライスで、
ボリュームが多いわけではないですし、
手も出しやすいと思いますからね。

ストーリーについて補足すると、
前作が世界設定等でやや技巧的だったのに対し、
今作の方がシンプルでストレートな構造になっています。
どちらが良いとは一概に言えないのですが、
前作を受けての今作という意味もふまえて、
このストレートな構造は正解だったと思います。

グラフィックについては、
あまり普段は画像を挙げないのですが、
一枚だけ挙げておきます。
rmem201.png

非常にシンプルな絵です。
未プレイの人は、良いも悪いも何も印象は持てないでしょう。
しかし、プレイした自分にとっては、
この年、もっとも心を揺さぶられた一枚となりました。
テキストとCGが上手く組み合わさり、
双方の相乗効果で最高のシーンとなった一枚でした。
まぁ、未プレイの人は全く意味が分からないと思いますが、
プレイした人は分かってくれると思いますので、
ぜひともプレイしてみてください。

<総合>


総合では、ギリギリ名作としておきます。

最後まで悩みました。
良作であることは間違いないのですが、
本作単体としては良作止まりかと考えていたものですから。
ただ、前作を踏まえての本作という点、
この年が非常に不作で相対的に浮かんだ点、
グラフィックとテキストの相乗効果が良かった点等から、
現時点としては、名作と判断して良いように思います。
ブランドのファンとしては、
NTRの抜きゲー出せよという人が多いでしょうから、
ブランドのファン向けの作品ではないのかもしれません。
出来のわりに埋もれすぎていることからしても、
本作を好みそうな人に行き届いていないと分かりますしね。
でも、一人のノベルゲー好き、シナリオゲー好きとしては、
この作品が埋もれたままで良いとは思えないし、
今後もこういう作品を出してもらいたいものですね。

ランク:A-(名作)

AMAZON


駿河屋


DL版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「2018」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3523-f8506bde
| ホームへ戻る |