『クダンノフォークロア』

『クダンノフォークロア』

『クダンノフォークロア』は2019年にWIN用として、
SukeraSparoから発売されました。

ミステリー+都市伝説+百合が上手く組み合わさった、
バランスの良い作品でしたね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
巷説に“クダン"というフォークロア(都市伝説)が広まっていた。
曰く、クダンは西洋の喪服を着た女の姿をし、右手首はなく、
素顔を黒いヴェールで隠している。
曰く、クダンを目にしてしまった者の元へ、
七日のときを掛け近づき“災いの予言"をするという……。
16歳の少女、九段朔夜は
奇縁から料理教室講師である志摩塔子という女性と出逢い――
ふれ合ううちに仄かな想いを募らせていく。
しかし、災厄を予言する“クダン"を塔子が目にしたことで、
穏やかだった日常は狂いだしていった。
刻一刻と近づくクダン。朔夜は彼女を守るために奔走し、
対抗する手段を得ようとする。
そして己の学校、《九段女子高等学校》に
フォークロアを研究する部が在ることを識った。
神秘学研究会の戸を叩き、会の長である春夏冬小兎とともに
朔夜は大切な人を守るためフォークロア(未知)に挑む―――。

<感想>


『ことのはアムリラート』を作ったブランドの新作であり、
一般PCゲーになります。

百合ゲーブランドというイメージの人も多いでしょうし、
事前情報から百合ゲーを期待する人も多かったでしょう。
確かに百合ゲーではあるのですが、
実際にプレイしてみると、ミステリー+都市伝説+百合であり、
思ったより百合成分はあっさりしていて、
逆にミステリー要素が強めな作品になっています。

上記のような構造のため、
百合だけを求める人は物足りなく感じるかもしれません。
また、本作には、『ことのはアムリラート』のような、
斬新な要素はありません。
そういう意味では、あまり目新しい要素はない作品です。

他方で、ミステリー等の各要素が、
バランス良く含まれていることから、
百合好きだけでなく、幅広い層が楽しめるように思います。
ライターが『FLOWERS』の人なので、
『FLOWERS』が楽しめた人ならば、
本作もまず楽しめるでしょうね。

主人公は好感の持てるキャラですし、
ストーリーもまとまっていますし、
グラフィックも良くできていますし、
ほぼ全ての分野で水準以上の出来といえるでしょう。
その観点からも、幅広い層が楽しめる作品といえますし、
安心して購入できる作品ともいえるでしょう。

<総合>


総合では佳作としておきます。

欠点らしき欠点のない、
とてもバランスの良い作品だと思います。
ただ、これという強烈な特徴がなく、
独自性を重視する私の観点からは、
あまり点の伸びにくい作品でもありました。
たくさんプレイしている人だと、
あまり印象に残りにくいかもしれません。
私は同様の作品をもう少し辛く評価する場合もありますが、
本作は主人公が気に入ったので、
その分だけ少しプラスになっています。
いずれにしろ、上記のとおり、多くの人が楽しめる作品ですし、
何より最近はミステリー系の作品が少ないので、
個人的には百合ゲーを探している人よりも、
ミステリー系の新しい作品を探している人なんかに、
本作をプレイしてみてもらいたいように思いますね。

ランク:C(佳作)

AMAZON


駿河屋


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「2019」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3521-383c06db
| ホームへ戻る |