『Pieces/渡り鳥のソムニウム』

『Pieces/渡り鳥のソムニウム』

『Pieces/渡り鳥のソムニウム』は2019年にWIN用として、
Whirlpoolから発売されました。

シナリオが和泉万夜さんということで注目した作品です。
ひと昔前のシナリオゲーが好きな人向けでしょうね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・『ここは天使が眠る町』
天使が安らかに眠れるように毎朝子守唄を捧げている。
子守唄で人々は目覚め一日が始まる。
そんな不思議な伝承のある町ミッテベ。
天使だけではなく人間だって不思議な夢を見ることがある。
イメージした人間の見る夢を渡り歩き、
登場人物の一人になる……。
高坂燕は、そんな力をいつからか持ち、
他人の夢を渡り歩くべく一日の大半を睡眠に費やしていた。
そんな彼がある日、古ぼけた洋館の窓辺に
一人の少女の姿を見かける。
儚げな少女は美しく、燕は一目で心を奪われる。
彼女のことを知りたい。
その一心で燕はつい彼女に対し能力を行使してしまうが、
それは失敗に終わる。
少女……君原結愛は燕に告げる。
結愛も燕と同じく他人の夢を見ることが出来る
不思議な力の持ち主だった。
ただし、彼女は見る夢を選ぶことはできない。
それどころか、彼女が毎夜見せられるのは誰かの悪夢。
悪夢に蝕まれた結愛は、いつしか眠りを拒むようになっていた。
眠らない少女と、眠り続けたい少年。
二人の夢が重なるとき、伝承は再び動き始めるのだった。
この果ては、君と落ちる微睡みの国。

<感想>


ストーリーの構造としては、各ヒロインルートを攻略し、
最後にいわゆるTrueルートを読むタイプとなります。
そのTrueルートがメインであり、
Trueルート重視の構造であることから、
完全なシナリオ重視ゲーとなります。
ストーリーの方向性としては、
大雑把に言えば泣きゲーになるでしょうか。

作品としては、同系統の他作品と比べても、
比較的丁寧に作られていると思います。
そのため、本作に対する感想については、
あとはユーザー次第なところがあるでしょう。

というのも、上記のとおり本作は、
Trueルート重視の構造となっています。
そのため、Trueルートの出来が、
作品の全体評価につながりやすくなっています。
これは、いわゆるシナリオ重視ゲーの宿命ともいえるでしょう。
問題はそのTrueルートの出来ですが、
内容は良いものの、どこかで見たような展開でもあり、
やや独自性に欠けるように思います。
したがって、独自性を重視する私とは相性が良くなく、
評価も伸びません。

もっとも、ひと昔前の、ゼロ年代前半頃のシナリオゲーも、
大半はそういうのばっかりでしたからね。
すなわち、当時エロゲを始めたような、
その頃の初心者には支持され、某所では名作扱いされていても、
ベテランユーザーがプレイすると既視感ばかりで、
あまり楽しめないという作品が多かったのです。
だからそれらの作品に対し、
私の評価は低くなっていたのですが、
他方で、初心者にうけたというのも、
少なからず本当のことなのでしょう。
本作も同様であり、
不満を抱くのは今のベテランユーザーなのだと思います。
したがって、現在の初心者ユーザーがプレイすれば、
過去の作品を知らないわけですから、
凄く面白く感じることも十分にあるように思います。

余談ですが、作品に対する評価を一貫させる観点からは、
当時の泣きゲーの亜流等を高く評価するならば、
本作も高く評価すべきなのでしょう。
逆に本作を高く評価できないのであれば、
上記の作品らも高く評価すべきではないのでしょう。

<総合>


総合では佳作としておきます。

私の基準からは点が伸びにくい作品ではあるのですが、
きちんと作られている作品ではありますので、
一部のユーザーには凄く楽しめる作品だとは思いますね。

最後に余談ですが、シナリオゲーと、キャラゲーは、
実は結構両立しないことも多いです。
特にTrueルートがあるシナリオゲーとキャラゲーは、
相性が悪いといえるでしょう。
本作の場合、シナリオゲーとしての構造を重視したために、
各ヒロインルートの重みが減っています。
そのため、特定のヒロイン目的の人の場合、
本作をプレイしても満足できない可能性が高いです。
ところで、昔はシナリオゲーが一杯あったけど、
今はシナリオゲーがなくなったという人がいます。
しかし、それは基本的に間違いであり、
単にそう言う人が、周囲に流されやすく、
自分で探したり考えたりできないだけにすぎません。
今と昔に違いがあるとすれば、
今は特定のヒロイン目当てのユーザーが増えた、
すなわちキャラゲー志向のユーザーが増えたことなのでしょう。
その結果、キャラ軽視のシナリオゲーの評価が伸びにくくなり、
話題になりにくくなったことで、
話題作しかプレイしないような人だと、
シナリオゲーがなくなったように見えるのかなと、
そんな風に思うんですよね。

ランク:C-(佳作)

AMAZON


駿河屋


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「2019」内の前後の記事
| ホームへ戻る |