CAT'S PART 1

CAT'S PART 1

『CAT'S PART 1』は1995年にPC98用として、
キャッツプロから発売されました。

PART1とありますが他に2はなく、
キャッツプロのデビュー作ということで付けられたタイトルでした。

ゲームジャンル:P&C式ADV
属性:ファンタジー
cats102.jpg

まずは簡単なあらすじから入りますと、
魔法の国の王女が魔力を失ってしまったことから、
主人公にその後継者探しを依頼します。
そこで主人公は犬の姿に変身させられ、
後継者を求めて7つの世界を旅することになるのです。
cats101.jpg

ゲームジャンルは基本はP&C式と呼ばれるもので、
つまりは画面をクリックして反応を楽しむタイプになりますね。
で、キャラとの会話はコマンド選択式になるわけで、
いろんな世界を旅することなど、
何となく海外のADVっぽさも漂わせています。
まぁこっちはプレイヤー視点なので、
その点で大きく異なるんですけどね。

またプレイヤーは7つの世界を巡ることになるので、
オムニバスっぽい構造でもあります。
しかしあの世界に行くにはこの世界のこれが必要といった感じで、
全てが関連しあいますので、実質的には一本道に近い構成でしたね。

まぁ、ゲーム部分は並のコマンド選択式よりは面白いけれど、
かと言ってこれだけで名作と呼べるほど優れているわけでもない感じですね。
ストーリーも7つの異なる世界でいろいろ堪能できたわけで、
メリハリもあってだれないですし、結構面白かったです。
ただ、これまた長所とまでは言い切れないのかなと。

このゲームの特徴としては、
やっぱりグラフィックとサウンドになるのでしょう。
この部分も高品質で、人によっては大きなポイントになりうるかと思います。

そういうわけで、あらゆる面で水準を上回った非常に良質な作品でした。
穴という穴もないですし、主観的にはかなり好きな作品でしたね。
ただ、あえてこれという程の強烈な個性がやや足りなかったわけで、
名作として他人を納得させるにはもう一押し足りなかったのかなと。
なので個人的には限りなく名作に近い良作にとどめておきます。
まぁグラフィックとサウンドの評価次第では名作もありうるわけで、
高く評価する人がいても何ら不思議ではない作品でしたね。
やや私の評価の方向性とは異なる作品ではあるけど、
完成度や満足度は高いのは間違いなかったわけで、
これは今後のここの作品には期待できるぞと思わせた作品でしたね
(で、実際に後に『NOVA』が生まれるわけです)。

ランク:B(良作)

PC-9801 5インチソフト キャッツ・パート1

関連するタグ PC98 /ADV /P&C式 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1993」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/352-717db37b
| ホームへ戻る |