『青い空のカミュ』

『青い空のカミュ』

『青い空のカミュ』は2019年にWIN用として、
KAIから発売されました。

背景に青空のあるCGが凄く魅力的で、
それで興味を持った作品でした。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
たとえ世界が失っても、たとえ世界を失っても
これは二人の少女を繋ぎ止める三日間の物語。
ただ完璧な日の捻じれた不条理。
空は青く果てしなく、透き通るように無意味だった
Qui a tue fille
そのことだけが知りたくて。

<感想>


本作は、二人の少女が、ゾンビ的なものに襲われる、
いわゆるパニックホラーをベースにしつつ、
そこに文学や哲学的な要素を盛り込んだ作品になります。

本作において、個人的に一番良かったところは、
一部の一枚絵になります。
具体的には、青空が見える類のCGは、
とても素晴らしかったです。
この先どうなるのだろうと、一枚のCGを見ただけでも、
いろいろ想像したくなりますし、ワクワクしてきます。
この点は、本当に良かったです。
これだけで、十分に元が取れますね。

逆に残念なところとしては、青空のない場面ですかね。
暗い場面で、主に主人公らが襲われる場面が多いのですが、
なんかありきたりなパニックホラーという感じで、退屈でした。

惜しかったところとしては、ストーリーになるでしょうか。
前述のとおり、本作には文学や哲学的な要素が盛り込まれ、
考察好きなユーザーが好みそうな要素が含まれています。
この部分を前面に押し出し、掘り下げていれば、
もっと面白い作品になっていた可能性は大きいです。
しかし、本作は全体のボリュームが少なめであるうえに、
パニックホラーの要素が結構含まれていることから、
この要素に割かれる割合も自然と限られてしまい、
結局消化不良のような感じになってしまいました。
しっかり練り込めば、もっと面白くなりえただけに、
とてももったいなかったように思います。

あとは、個人的な印象ではありますが。
本作は、視点がコロコロ変わる類の作品であり、
ゲームデザイン上もそう設計されているので、
意図してそういう作りにしたのでしょう。
ただ、これがあまり上手く機能していなかったように思います。
単純に主人公二人の視点だけで、二人の物語として描いた方が、
筋の通った良いストーリーになったでしょう。
なんかいろいろ混ぜて、あっちこっちに飛んで、
結果的に落ち着きのない作品になっちゃったかなと。
さじ加減一つで、いくらでも変わったと思うので、
ちょっともったいなかったですね。

<総合>


総合では佳作としておきます。

凄く良いところもあったし、
勿体ないところも多かったので、
それだけに惜しい作品でしたね。
とりあえず、サンプルCGを見て良いなと思えた人ならば、
楽しめるように思います。

ランク:C(佳作)

AMAZON


駿河屋


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「2019」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3515-2d6529b2
| ホームへ戻る |