『アオナツライン』

『アオナツライン』

『アオナツライン』は2019年にWIN用として、
戯画から発売されました。

キャラデザに惹かれた作品であり、
まさに青春ゲーという内容でしたね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
「夏休み、何する?」と日々相談している、
平凡な男子学生「及川達観」、元気な幼なじみ「向坂海希」、
ニヒルな悪友「榊千尋」の仲良しグループの3人。
そこに、小さなきっかけから、共学校に憧れ転校してきた、
まっすぐすぎるお嬢様「仲手川結」
学園デビューに失敗したイマドキ下級生「椎野ことね」が
仲間に入ってくる。
5人の仲良し(?)グループによる、
人生で一度きりの、甘くせつない夏休み計画が始まる。

<感想>


本作に興味を持った理由は、やはりキャラデザになるでしょう。
いかにもなエロゲキャラとは異なる、他社とは異なる絵柄、
ストーリーともマッチした爽やかな感じでもあり、
サンプルを見ただけで気になったものです。

そのグラフィックに関しては、
キャラデザ及び一枚絵の構図等は概ね満足できたと思います。
私みたいに、キャラデザに興味を持った人は、
おそらく一定以上の満足はできるでしょう。
もっとも、演出が優れているわけでもないですし、
塗りとかが抜群に優れているわけでもないので、
私のように他の作品と異なる絵柄に惹かれたのでなければ、
あまり魅力を感じないかなとも思います。

このグラフィックにSNSの表示など、
従来の恋愛ゲーとは異なる要素があることから、
現代的恋愛ゲーということで、
他社作品とは異なる新鮮さも表現することに成功しており、
序盤プレイ時の印象はとても良好でした。

ストーリーに関しては、先ほど恋愛ゲーと書きましたが、
恋愛ゲーというよりは、むしろ青春ゲーですね。
メインヒロインのストーリーとか、
主人公の物語でもなく、ヒロインの物語でもなく、
なんか最後は主人公の親友が良いとこもっていきましたから笑
まぁ、でもそれはそれで、皆の物語としては纏まっているので、
主人公とヒロインの恋愛ゲーというよりは、
やっぱり青春ゲーなんだと思います。
公式では恋愛ゲーという表現になっていると思いますが、
プレイした人が皆青春ゲーと表現するのも、
実際にプレイしてみると、なるほどなと思うはずです。

というわけで、全体的に雰囲気の良い作品ではありますし、
私も楽しめたのですが、
ストーリー自体は特別秀でているわけでもなく、
目新しい何かがあるわけでもないので、
あまり過度に期待しない方が良いでしょうね。

まぁ、ストーリー自体は特に目新しいわけでないとしても、
この絵で青春物として細部までこだわりが見て取れれば、
それはそれで十分な独自性があるとして、
名作という判断にもなりえたように思います。

ただ、個人的には、1点だけ、
凄く気になったところがありまして。
本作は、雰囲気の良さが最大のうりであり、
それが生命線なのだと思います。
その雰囲気の良さにずっと浸ることができれば、
本作に対する満足度も高くなるでしょう。
しかし、どこかで作品に対する感情移入が途切れてしまうと、
急に冷めてしまいかねません。
雰囲気ゲーは、その雰囲気を維持できるかが重要なのですから。
本作の場合、ノベルゲーではあるのですが、
作中に、いわゆる選択肢は出てきません。
すなわち、プレイヤーが自分で考えながら選び、
それにより物語の中に入っていくという要素は、
本作にはないことになります。
まぁ、それだけならまだ構わないとしても、本作の場合、
どのヒロインのシナリオを選びますかという風に、
露骨なシナリオ選択画面が出てきます。
・・・いやね、気持ちは分かりますよ。
大抵の恋愛ゲーの場合、結局のところやることは、
どのヒロインのシナリオを読むかっていうだけですから。
でもね、だからといって、そこで開き直られるとね・・・
もう少しオブラートに包もうよというか、
もう少しプレイヤーが作中に入っていけるような、
ちょっとした気遣いが欲しかったように思います。
雰囲気ゲーは雰囲気を維持するのが大事なところ、
私はこのヒロイン選択画面で興が削がれてしまい、
雰囲気に浸り続けることができませんでした。
この点だけは、本当に残念でした。

<総合>


総合では、ギリギリ良作としておきます。

この絵柄での青春ゲーということで、
それだけで他とは被らない魅力もあるといえます。
そこは評価されて然るべきでしょう。
ただ、良いところもあっただけに、
ちょっとした配慮のなさにより雰囲気を潰してしまったことが、
とてももったいなかったように思いますね。

ランク:B-(良作)

AMAZON


駿河屋


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「2019」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3512-c0f1b1b1
| ホームへ戻る |