『シロナガス島への帰還』

『シロナガス島への帰還』

『シロナガス島への帰還』は2018年にWIN用として、
旅の道から発売されました。

昔懐かしのミステリーアドベンチャーって感じでしたね。

040030699030-1p.jpg

<概要>


ゲームジャンルは、詳細は後述しますが、
便宜上コマンド選択式ADVとしておきます。

あらすじ・・・
大富豪の遺書の中に残された『シロナガス島』への招待状。
ニューヨークで探偵業を営む男『池田戦』は
特殊な能力を持つ少女『出雲崎ねね子』と共に島へと向かう。
そこで起きる数々の奇怪な殺人事件。
果たしてシロナガス島に隠された真実とは……?
すべての謎を解き、呪われた島から脱出せよ!

<感想>


ミステリーゲームもしばらくやってないなと思っていたところ、
この作品の存在を知り、やってみたくなったものでして。

まずはゲームジャンルなのですが、
公式ではクリック型ADVと書かれています。
もっとも、P&C式ADVと呼べるほどには、
画面クリック部分が洗練されていませんので、
P&C式ADVとはいえないように思います。
イメージのしやすさという観点から説明するならば、
ノベルゲーをベースにしつつ、
ところどころで画面クリックによる捜索があると、
そういう風に考えればイメージしやすいかと思います。
ただ、この画面クリックの割合は結構多いですし、
何度もクリックしなければなりません。
選択肢も同様だったりしますので、
変則的なコマンド選択式といいますか、
ノベルゲーとコマンド選択式の中間的な構造であり、
PC98末期に見られたようなパターンと言えるでしょう。
PC98末期の作品の中で、
私がコマンド選択式と紹介している作品も多くありますが、
本作のような構造の作品は、
どれもコマンド選択式として紹介していると思います。
そういうわけで、本作のゲームデザインは、
良くも悪くも90年代半ば頃的な構造といえます。
あとは、プレイヤーの考え方次第なのでしょう。
古臭い構造で自分には合わないという人もいるでしょうし、
最近見かけなくなったこういうのがやりたかったという人も、
それなりにいるでしょうからね。

本作の良いところは、上記の構造にとどまらず、
緊迫するシーンでは時間制限があったりする等、
状況に応じてゲームシステムを変えているところにあります。
最近のADVには欠けてしまっている視点ですが、
ADVといえども、いやADVだからこそ、ゲームデザインは、
その場面ごとに適したものを用いるべきなのです。
本作はそれを実行しようとしていることから、
製作者の作品への真摯な態度が伝わってくるのであり、
とても好感が持てました。

他方で、個々の要素を見てみると、
特に目新しい要素はないこと、
また、必ずしも作り込みは十分でないことから、
点数のうえでは、伸びにくい作品でもありました。
コマンド選択式のだるい部分も継承しているので、
本作が合わないという人も、
それなりに出てくることが予想されますしね。

次にストーリーについてですが、
ミステリーではあるものの、
次々に起こる事態に対応していくということで、
どちらかというとサスペンスものの方が近いのかなと。
普通に楽しめる作品ではありますし、
この手の作品が減った現状では、貴重な作品でもあります。
そういう意味では、おすすめできるのですが、
過去の同系統の作品と比べたうえで、
それでもなお優れているかとなると、
少し疑問には思ってしまいます。
したがって、普通には楽しめるけど、
過度には期待しすぎない方が良いと思います。

<総合>


総合では、一応佳作としておきます。

昔懐かしのADVということで、
そういう作品がやりたいならば、まず楽しめるでしょう。
他方で、独自性の強い作品でもないので、
独自性を求めると物足りないでしょう。
また、今風の作りではないので、
その点で合わない人も出てくると思います。
その辺も考慮して佳作としましたが、
如何せん500円の作品ですからね。
この価格でこれだけ楽しめるということを考慮すれば、
良作でも良かったかもしれませんね。

ランク:C(佳作)



関連するタグ WIN /コマンド選択式 /ADV /


さくら、もゆ。        イブニクル2      その日の獣には、
カテゴリ「2018」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3510-a89e87e9
| ホームへ戻る |