Birth Days

Birth Days

『Birth Days』は1994年にPC-98用として、
シルキーズから発売されました。

ゲームジャンル:双六風ADV
属性:恋愛

birthdays01.jpg

<概要>


エルフの姉妹ブランドであるシルキーズは、
小粒ながらも実験的な作品が非常に多いところでした。
エルフでやるには危険なことをシルキーズで試してみることも多く、
この他と違ったことをやろうとした意欲には、
本家のエルフ以上に好ましく見えたこともありました。

そのシルキーズにとって非常に大当たりだったのが94年で、
例えば『愛姉妹』や『野々村病院』なんかが出た年でしたね。
そして出るゲームどれもが面白かった中で、
94年の最後を飾ったのがこの作品だったのです。

<感想>


さて、『Birth Days』のゲーム内容としては、恋愛物になります。
今となっては特に語るべき内容もないのですが、
当時はナンパ物やその延長が多く、
キャラの肉付けが薄いものも多かったですからね。
その中にあっては、キャラは可愛いし、
性格等の設定もしっかりとしていて、
比較的良く作りこまれていたように思います。
もっともここだけを見るならば、
丁寧に作りこまれた初心者向けの恋愛ゲーってところなのでしょう。

しかし、そのままで終わらないのがこの年のシルキーズでして。
実は、システムが双六なんですね。
画面右上にカレンダーがあるのですが、
クリックすると回転しだします。
その回転が止まった分だけ日にちが進行するというものなので、
1人双六風ADVと表現するしかなくなるわけですね。

まぁ、このシステムの是非は難しいところかもしれません。
新鮮な気持ちでプレイはできたものの、
これによって何か特別に面白くなったかというと、
必ずしもそういうわけでもなかったですからね。

むしろ日にちがランダムに進行するという不確定要素がありますので、
キチッと進行したくなるような人だと、
もしかしたら相性が悪かったかもしれませんし。

でも、あまり深く考え込まなくても、
適当に進行しても何とかなっちゃうんですよね。
イベントも豊富でしたし、
何もなさそうな日でもちょっとしたテキストが面白かったですので、
気楽に楽しめるゲームだったと思います。

<総合>


目玉(?)のシステムが有効に活用しきれていなかったので、
総合では名作とまでは言えないのかもしれません。
そのためか、愛姉妹や野々村よりもマイナーですしね。

でも、画面のレイアウトも工夫するなど、
随所にセンスの良さも伺えた作品でもあり、
楽しい作品でした。

ランク:B-(良作)

PC-9801 3.5インチソフト バースデイズ

関連するタグ PC98 /ADV /TBL /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1994」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

これ、好きでした。
全員脱がすことに腐心しました。
(ギリギリでできました)
バレンタイン・キッスもよかったです。
ADVじゃないシルキーズのほうが好きだったなぁ…
またゲーム記事を書くことにしました。
まとめサイトを作ったのでよろしくお願いします。
CSSと格闘中です。><
記事も下手くそだったので書きなおしてます…
katanさんのこちらのサイトのリンクは既に事後承諾を確信して貼りましたのでよろしくおねがいします。

こんばんは、コメントありがとうございます。
バレンタイン・キッスも正統進化系って感じで楽しい作品でした。
ADVのシルキーズも好きでしたが、それ以外にも個性的で面白い作品が多かったのもシルキーズの特徴でしたね。
メールでも連絡しましたが、こちらもリンクを設置完了しましたので、またよろしくお願いします。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/351-f68bdc24
| ホームへ戻る |