『チャットしようよ!』

『チャットしようよ!』

『チャットしようよ!』は、2000年にWIN用として、
BLACK PACKAGEから発売されました。

この時期に増えていたチャットを利用した、
いわゆるナンパゲーになります。



<概要>


ゲームジャンルはADVになります。

商品紹介・・・
様々なコスチュームに身を包んだ女の子を
ネットでナンパするアダルト恋愛シミュレーションゲーム。
会話の組み立てに必要な「会話チップ」を作成し、
チャットルームで女の子と会話をする。
相手に趣味や性格に合う会話チップで
女の子を口説きデートに誘い出す。

<感想>


大雑把にいうならば、90年代前半に流行った、
いわゆるナンパゲーになります。
直接会うのではなく、デバイス等を使った間接的という点で、
『バーチャコール』とかに近い感じですかね。
ただ『バーチャコール』とは異なり、
こちらは相手の姿の見えないチャットを使っている点で、
違いがあるといえます。

2000年は、少しずつインターネットが普及し始め、
チャットも少しずつ増えていました。
社会的に流行っているとまでは言えないでしょうが、
ネットをやっている人に限定していうならば、
流行っていたと言っても良いかもしれません。
そういう一部で注目の対象だったチャットを用いた作品は、
アダルトゲームの中でもいくつかあります。
というか、チャットが出てくる作品に絞るならば、
その多くが2000年の作品ではないでしょうか。
しっかり数えたわけではないので、
あくまでも印象レベルでの話でしかないのですが、
チャットを使った作品は、
なんとなく2000年というイメージがあります。

さて、ここで注目すべきなのが、
2000年がどういう年かということです。
すなわち、この年は、アダルトゲームの大半が、
ノベルゲーとなった年なのです。
つまり、チャットの出てくるエロゲはいくつかあるけれど、
そのほとんどがノベルゲーであることから、
チャットをゲームとして活かした作品は、
実はほとんどないのです。

本作は、上記の紹介ではSLGとあります。
私は、その構造からADVと分類すべきと考えますが、
ノベルゲーしか知らない人がSLGと分類したくなるほどに、
ゲーム性を持った作品でもあるのです。
まぁ、SLGというには簡易的すぎるので、
あまり期待してはだめなのも確かなのですが、
会話チップを使ったチャット部分等、
普通のノベルゲーよりはずっと会話の幅もありますし、
ゲームとして楽しめる作りなのも確かといえるでしょう。
エロゲユーザーの多くがシナリオばかり着目する流れの中では、
この作品に注目し評価する人は多くなかったかもしれません。
ただ、本作を評価している人等を見ていると、
本作は泣きゲーだのシナリオゲーだのと騒いでいた、
当時の初心者ユーザーではなく、
細かい部分の作りにこだわりをもつような人向けの、
玄人受けするタイプの作品だったように思います。
本作は、キーボードですべて操作できますし、
そういう細かいこだわりなんかも、玄人好みだったのかなと。

個人的には、紹介を見ていた時は、
キャラが可愛いと思ったのですけどね。
プレイしてみると、思ったほどではなかったかなと思います。

<総合>


総合では佳作としておきます。

私自身は素人っぽい好みをしていること、
私自身、当時はノベルゲーに興味が移っていたこともあり、
評価は辛めになっているかもしれません。
まぁ、あとは、間接系ナンパゲーの過去作と比較して、
チャットに着目した以外の新規性がなく、
私の評価が伸び悩んだのはそこが大きいですかね。
もっとも、上記のとおり、本作の出た時期を考慮しつつ、
細かい作りやこだわりに気付けるような、
そういう見る目のある人ならば、もう少し高く評価していても、
何ら不思議ではない作品とも思いますね。

ランク:C(佳作)





関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


さくら、もゆ。        イブニクル2      その日の獣には、
カテゴリ「2000」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3509-5aaa3aff
| ホームへ戻る |