『想い出の彼方』

『想い出の彼方』

『想い出の彼方』は2000年にWIN用として、
PL+USから発売されました。

結果的に、ブランドの代表作となった作品ですね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。
画面全体をテキストで覆うタイプの、
いわゆるビジュアルノベルになります。

あらすじ・・・
主人公はそろそろ夏休みも終わろうとしていた八月中旬、
ポストに同窓会の案内が入る。
五年間渡里市に帰郷した事が無かった主人公は、
これを機会に一週間ほど帰郷することにした。

ゲーム概要・・・
前半パートで主人公の想い出の中にある街を描きつつ、
それに対比させて現在の街とのギャップをプレイヤーに伝える。
中盤で女性キャラとの交流、
そしてキャラ独自のストーリーが展開していく。
変わっていく街並み、色あせていく自分の中の情景。
楽しかった日々、忘れられない想い出、忘れたい記憶。
想い出と言っても様々で、
各キャラごとに違ったアプローチでそれを語っていく。

<感想>


ビジュアルノベルということで、
テキストが画面全体を覆うタイプになります。
アダルトゲームでこの手法を用いること自体、
あまり適していないと思いますけどね。
もちろん、何らかの工夫があれば別ですが、
本作にそういうのはなかったですし。
ただ、本作の場合、エロは期待できないし、
キャラがたっているわけでもないし、
特徴となるのはテキストくらいしかないので、
そのウリとなるテキストを前面に持ってきたという意味では、
作品に合った構造とはいえるのかもしれません。
また、この時期のいわゆるシナリオゲーにしては珍しく、
音声付きの作品でした。

さて、上記のように本作は、
ゲームデザインに特徴があるわけでもなく、
システムも優れているわけではなく、
演出も優れておらず、キャラも少ないうえに、
あまり魅力があるわけでもなく、
特徴と言えるのは本当にテキストしかありません。

心理描写を丁寧にしているということで、
この時期の、いわゆるシナリオゲー好きには、
おそらく好まれる類の作品なのだと思います。
したがって、シナリオゲーはシナリオさえ良ければOK、
他の要素は求めないという人であれば、
本作をプレイして損はないと思います。

そうでない場合、とにかく地味な作品なので、
あまり楽しめないかもしれませんね。

<総合>


総合ではギリギリ佳作としておきます。

この手の作品をプレイすると、私は、
小説でも読んでた方がマシと考えてしまうことから、
どうしても評価は低くなりがちです。
もっとも、上記のとおり、シナリオ重視ですとか言う人なら、
おそらく好まれる作品だと思いますね。



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


さくら、もゆ。        イブニクル2      その日の獣には、
カテゴリ「2000」内の前後の記事

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3507-7cfce9eb
| ホームへ戻る |