『捻くれモノの学園青春物語 ~俺と彼女の裏表~』

『捻くれモノの学園青春物語 ~俺と彼女の裏表~』

『捻くれモノの学園青春物語 ~俺と彼女の裏表~』は、
2018年にWIN用として、りびどーそふとから発売されました。

某ラノベに似ていることや、複数ライターなどで、
悪い意味で話題性のあった作品でしたね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・‘リア充、蒸発しろ’
部活動。勉強。恋愛。つまらない両親。
くだらないクラスメイト。退屈な学園生活――
いや、俺だってさ。漫画や小説、
ドラマみたいな人生があるだなんて思ってやしないけど。
でもさ、あるじゃん? そういうの。
そんな俺は、進級の危機に立たされていた。
アウトローな俺でも、まだまだ社会には勝てやしない。
……具体的には内申点的な意味で。
さて、内申点と引き換えに出された条件は
黒塗りの高級車とは関係がなく。
とある部活動に入ることだった。
集まっていたのは、つまらない、くだらない、
退屈な学生ばかり――のはずだった。
一癖あって凸な俺と二癖あって凸な部員たちが集まった
風変わりな部活動。――その名は、『青春倶楽部』!

<感想>


キャラが某ラノベに似ているな~と思った人は、
かなりいたかと思います。
個人的には、それはそれでも構いません。
まぁ、キャラの点数が入りにくくはなりますが、
他の部分で秀でた部分があれば、
作品としてはそれで問題ないですからね。

作品のどこに期待するのかは、人によって異なるでしょうが、
中にはシナリオライターに着目した人もいるでしょう。
本作のライターは、当初は単独として記載されていましたし、
これまでにもシナリオ重視系の作品を手掛けてきていたので、
ファンもいるでしょうから。

ところが、いざ発売されてみると、本作は複数ライターでした。
これは、ライターに着目していない人には、
あまり大きな問題ではないかもしれませんが、
ライター買いしたような人には、とても大きな問題といえます。
こういう不意打ちは、ブランドの信用を損ねるだけですし、
やめるべきだと思います。

さて、上記の点は、場合によっては大減点なのでしょうが、
本作に限って言うならば、
私はこのライターに興味がなかったので、
あまり気になりませんでした。
個人的に注目していたのは、ゲームデザイン部分であり、
そこさえ面白ければ、キャラが2番煎じであろうと、
ストーリーが平凡であろうと、
それなりに楽しめていたと思います。

問題は、そのゲームデザイン部分なのですが、
基本はノベルゲームでありつつ、
選択肢の表示に工夫を凝らしたり、
クイズを入れたりしています。
そうした工夫する姿勢は好ましいのですが、
個々の要素を見てみると、特に目新しいものはありません。
また、作り込みも十分ではなく、
結局のところ、普通のノベルゲーと大差ありませんでした。
この部分に期待していただけに、
個人的には非常に残念でした。

<総合>


総合では凡作としておきます。

一枚絵とかは、わりと良かっただけに、惜しかったですね。
企画した通りの内容に仕上がっていれば、
面白くなる可能性はあったと思うのですが、
なんかいろいろトラブルがあったんだろうなと思わせる内容で、
ブランドへの信用も失わせる結果は残念でした。

ランク:D-(凡作)





関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


さくら、もゆ。        イブニクル2      その日の獣には、
カテゴリ「2018」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3504-7455ba08
| ホームへ戻る |