『アメイジング・グレイス -What color is your attribute?-』

『アメイジング・グレイス -What color is your attribute?-』

『アメイジング・グレイス
-What color is your attribute?-』は、
2018年にWIN用として、きゃべつそふとから発売されました。

伏線回収型のループゲーであり、
これは好きな人は好きだろうなという作品でした。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
愛しの君へ 明けない聖夜の祝福をー
主人公・シュウは記憶を失くし、
雪の降る“町”で目を覚ました。
彼はそこをとても奇妙な場所だと思う。
中世の西洋を思わせるアンティークな町並み。
何よりも芸術を重んじる文化的価値観。
そして……町を囲むように閉ざしている、
オーロラと呼ばれた巨大な壁。
だがシュウはそんな町の人たちに助けられ、
やがて聖アレイア学院という学び舎で
学生たちと豊かな日々を過ごすことになる。
しかしそんな幸せはまたたく間に奪われる。
12月25日、原因不明の大火災により町は崩壊の一途をたどった。
誰よりも町を愛するユネは運命の変革を心に期し、
アドベントの初日─12月2日にまで時計の針を巻き戻す。
─なぜ、破滅は起こったのか?
─なぜ、何度やり直しても同じ運命を辿るのか?
─なぜ、これだけ時間を繰り返すことができるのか?
巡り巡る時の回廊。その果てに待つ世界を知るべく、
町というキャンバスに彼らは真実を描き出す。

<感想>


いわゆるシナリオ重視と呼ばれるような、
ストーリー重視の作品ですね。
もう少し具体的に書くと、ループ系の作品でありつつ、
後半に一気に伏線が回収されていくタイプの作品です。
この手の作品、某所では好まれそうですし、
ゼロ年代前半のノベルゲーとか好きな人であれば、
おそらく楽しめるでしょう。
思い出補正とか抜きにすれば、当時の同系統の作品と、
同程度かそれ以上の出来ではあると思いますから。
だからこの手の作品が好きであるならば、
ここから下の文章など読まずに、
さっさと本作をプレイした方が良いでしょう。
この手の作品も今は減りましたので、2018年の作品としては、
選択の余地はあまりないでしょうからね。

さて、上記のように、ジャンルがジャンルなので、
好きな人は好きなんだろうと思います。
私も、伏線が一気に回収され盛り上がる作品は好きですし、
否定するものではありません。
ただ、伏線が回収されれば、それだけで良いとは、
決して思いません。
伏線回収はオマケみたいなものであり、
本筋となるストーリーやキャラが良くなければ、
良い作品とは思えないからです。

そういう意味では、本作は、
個人的に不満の残る作品でもありました。
キャラがたっていないのか、それとも、
テキストに問題があるのかはともかく、
読んでいてなかなか面白くなっていきませんでした。
そのため、キャラ・テキストに関して、
あまり良い印象を抱けませんでした。

次に、本作はループ系の作品なのですが、
主人公の行動にも疑問を抱いてしまい、
ストーリーという観点からも良い印象を抱けませんでした。

そもそも、本作における世界設定の説明が、
序盤から曖昧であったことから、
どこか引っかかるものがあり、
それで物語に入っていきにくかったわけでして。
もちろん、曖昧であっても、
そこが本筋にかかわらないのであれば、
気にする必要もないのでしょう。
本筋にかかわらない部分をいちいち気にしていては、
単なる粗探しとかわらないですからね。
本作は、世界設定が非常に重要になってきますし、
中には最初に共通認識として、
プレイヤーに提示すべきと思うものもあります。
それを伏せておいて、後でこうでしたというのは、
アンフェアだと思うし、評価すべきでないと思います。
また、説明すべき点が不十分な点もありました。
ストーリー重視の作品の中には、
一部では高く評価する人がいても、
私はあまり評価しないというケースもよくあります。
本作もまた、そうした作品といえるのでしょう。

その他の点としては、グラフィックも平凡であり、
その点もプラスにはなりませんでした。

<総合>


総合ではギリギリ佳作としておきます。

伏線回収にばかり着目し、それにばかり振り回された、
些末な枝葉にばかり気を取られ、
肝心の幹となるべき本筋が適当になってしまった印象ですね。
そのため、主観的な評価だけであれば、
凡作にもなりえたかもしれません。
ただ、ここ1・2年に限ってみるならば、
こうした作品が珍しくなったのも確かですし、
好きな人は好きだろうなということで、
その点を加味して佳作としたいと思います。

最後に、本作のライターは、単なる読み物ではなく、
ストーリーとゲームデザインを絡めて作ることのできる、
現在では貴重なクリエイターだと思います。
そういう意味では、今後も期待したいライターではあります。
ただ、本作は普通の読み物でしかなかったので、
過去作と比べると非常にガッカリ感が強かったわけでして。
昔の作品の焼き直しや単なる読み物ではなく、
独自のノベルゲーを作れる方だと思いますので、
次回作に期待したいものですね。

ランク:C-(佳作)

AMAZON


駿河屋


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「2018」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3503-255cf49f
| ホームへ戻る |