『パート妻の情事 ~熟した艶と蕩ける吐息~』

『パート妻の情事 ~熟した艶と蕩ける吐息~』

『パート妻の情事 ~熟した艶と蕩ける吐息~』は、
2018年にWIN用として、スタジオポークから発売されました。

今回もスタジオポークらしい作品でしたね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
都会に憧れ田舎から出てきた大学生【下北典樹】は、
家賃や生活費のために近所のスーパーマーケットで
アルバイトをすることにした。
そこで出会ったのは、
田舎出の純朴な青年には刺激が強すぎるような、
色気溢れる人妻だった。
その人妻の名は【上井友美】。
大人の魅力あふれる彼女に、
典樹は近づきがたいものを感じていたが、
友美のフレンドリーで砕けた気さくな性格に
徐々に気を許していき、恋愛相談を持ち掛けるほどになる。
友美のアドバイスで、典樹に初めての彼女が出来るのだったが、
ある日の事…
友美の強烈な大人の色香にやられ、
デートの最中も友美の事ばかり考えるようになってしまう。

<感想>


ほぼ熟女ゲー専門ともいえるスタジオポークの新作は、
大学生の主人公が、パート先の人妻と、
不倫関係に陥るというものになります。

低価格作品の場合、価格からすれば十分ではあるものの、
純粋なボリュームだけに限ってみるならば、
どうしてもフルプライスよりも少なくなります。
そのボリュームの中で複数ヒロインとなると、
一人一人が薄くなりがちです。
スタジオポークの作品の中にも、
複数ヒロインの作品はありますが、
今作はヒロインが一人だけであり、
主人公とヒロインが不倫に溺れていく過程に、
全てが注がれているわけで、
描写が薄くなることもなく、満足できると思います。

このサークルの最大の魅力は、
何といってもキャラデザにあるといえますし、
立ち絵で二人が向き合ってキスするシーンも、
このサークル独自の特徴といえます。
こうした魅力や特徴は今作にも受け継がれており、
一枚絵の見せ方で過去作よりも進化した部分もあり、
ファンであれば、十分満足できる内容といえるでしょう。
また、基本CG37枚というのも、
価格から考えれば、相場より多いといえ、
コスパも良いといえます。

総じて、このサークルに興味をもって初めてプレイする人や、
過去作のファンで、同程度の作品を希望する場合には、
本作をプレイして満足できる可能性は高いと思います。

他方で、過去作以上のものを求めた場合、
過去作を大きく上回るような特徴であるとか、
過去作との違いを感じられる部分は少なく、
少し物足りなさを感じてしまうのかなと。

<総合>


総合では佳作としておきます。

上記のとおり、十分に及第点以上の内容であり、
興味を持った多くの人が満足できる内容だと思います。
他方で、例えば過去作の場合、熟女+海女というような、
熟女にプラスアルファの魅力がありましたが、
本作はそういう部分が弱いわけでして。
そのため、同サークルの作品の中でも、
必ずしも優先順位が高いというわけではなく、
それで評価が厳しめになっています。
できれば次回作では、何かプラスアルファとなるような、
本作ならではという要素を加えてほしいですね。

ランク:C-(佳作)



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「2018」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3498-46587a37
| ホームへ戻る |