『きゃんきゃんバニープルミエール3』

『きゃんきゃんバニープルミエール3』

『きゃんきゃんバニープルミエール3』は、
2018年にWIN用として、カクテルソフトから発売されました。

ある意味、ランス10以上に驚かされた続編ですよね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
2018年、春。
都内にある小さな神社。
そこから、物語ははじまります。
「はぁ~、やっと格好がついた。
いったいこの神社、何年放置されてたんだ?」
主人公はこの春、上京したての大学一年生。
祖父に「上京をするなら」と
この神社の管理を押し付けられてしまったのです。
一通り掃除も終わり、あとは神社の敷地の奥にある小さな池。
そのほとりにある祠の掃除をしながら、
見上げてみれば桜の花が咲いています。
池の水面に煌めく陽光と桜の花……
ここでの生活も悪くないと思えてきました。
声「ありがとう、あなたが綺麗にしてくれたのね」
主人公「へっ?今の声って……」
スワティ「きゃる~んっ!私はスワティ。
弁財天のサラ・スワティ。
あなたがこの神社の禰宜くん?これからよろしくねっ!」
桜の花びら、煌めく陽光……
その中に一人の少女が立っていました。
まるで空から舞い降りてきたような突然の出会い。
その瞬間から、新しい物語は始まります!

<感想>


ランスの新作が出るわ、
きゃんきゃんバニーの新作は出るわ、
あやよさんの復刻版が出るわで、
一体今何年だよと思ってしまうような、
今年は何とも不思議な年でした。

さて、プルミエール2が96年の発売で、
それをリアルタイムでプレイしていた身としては、
あまりに年月が経ちすぎていて、
整合性とか細かいところはもう覚えていません。
その辺は、他のきゃんバニファンに任せます。

とりあえずプレイしてみると、
確かにきゃんバニらしくはあるのかなと。
なんていうか、ナンパゲーと恋愛ゲーの中間のような、
そういう立ち位置の作品なんですよね。
今の学園ものだと無駄な日常シーンから始まるものも多く、
そこでだれてしまうのだけれど、
本作は序盤から目的に向かっていきますので、
だれずに楽しめたのは良かったと思います。

ただ、過去のシリーズの名作たちの場合、
結構ゲームデザインも凝っていたものですが、
本作の場合、その点を進化させるどころか、
むしろ過去作よりも簡略化されていまして。
それもあってか、パッと見はきゃんバニなのだけれど、
本質的には、きゃんバニっぽくないような印象を受けました。

<総合>


総合では凡作としておきます。

まぁ、わりと楽しんだのも確かなので、
佳作でも良いかもしれませんけどね。
きゃんバニでなければ見向きもしなかっただろうし、
過去の作品を知っていると、
あえて本作をプレイする必要はなかったかなということから、
ちょっと厳しめに判断しておきます。

ランク:D(凡作)

AMAZON


駿河屋


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「2018」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3490-0a14c696
| ホームへ戻る |