『羊たちの憂鬱 ~コンクリートに映る影~』

『羊たちの憂鬱 ~コンクリートに映る影~』

『羊たちの憂鬱 ~コンクリートに映る影~』は、
2002年にWIN用として、
フェアリーテールから発売されました。

M向けなどマニアックな要素が盛り込まれた、
独特な雰囲気の作品でしたね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
「ホント、今日の裕人は最高!
女の子みたいによがっちゃって。」
どうして夏来は、こんなコトするんだろう…?
どうしてボクは、夏来の言うとおりにするんだろう…
主人公の裕人は、幼なじみである夏来に性的虐待されていた。
かつて純真だった夏来を拒絶できないものの、
‘虐待’から逃れたい裕人は
クラスメイトの由美とつきあい始める…。
4人の羊たちの歪んだ青春を描く
『羊たちの憂鬱 コンクリートに映る影』。
主人公の出した一つの答えとは?

<感想>


主人公に幼馴染がいて・・・ってのは、
エロゲではよくあるシチュだと思います。
ただ、他とは違うのは、
ヒロインは病的なまでにSな傾向があり、
主人公はヒロインに性的な虐待を受けているということです。

というわけで、本作は、M向けのゲームといえ、
それがベースにあることは間違いないのでしょう。
今でこそM向けゲーも増えてきましたが、
当時はまだ特化作品は少なかったです。
特化作品があったとしても、90年代までは、
主人公がSという作品の方が多かったですからね。
主人公がMという作品は少なかったので、
この作品でM向けゲーに出合い、
それではまったという人もいたのではないでしょうか。

本作は、単にM向けというだけではありません。
三角関係というか、人間関係もいろいろこじれますし、
男同士というシチュもあります。
つまり、人によっては強烈な印象を与えるけれど、
好き嫌いも分かれそうな要素が、幾つも含まれているのです。
凄く偏ってはいるけれど、ある意味では青春でもあり、
それを水彩風の独特の絵柄で表現することにより、
ゲーム全体としても、独特な雰囲気に仕上がっています。

さて、ここまで書くと、何だか面白そうに思えます。
確かに、この設定でしっかり作り込めば、
かなり面白い作品になっていたかもしれません。
ヒロインらが良い味を出しているだけに、
いくらでも面白くなりえたと思います。
ただ、じゃあ面白かったのかとなると、
必ずしもそうとも言い切れない部分がありまして。
全体的に薄味でテンポが悪いように感じるのです。
ライターは、かつては良い作品も作っていたし、
本作も含め、短時間でも良いキャラを作りあげるのだけれど、
学園ものの日常シーンについては、
ちょっと向いていなかったのかなと。
或いは、一本道にして、ロープライスで出していれば、
高い評価を得ていたかもしれません。
当時はフルプライスの作品ばかりということもあり、
それに合わせて無理やりボリュームを増し、
それで間延びした感じでもあるからです。
いずれにしろ、妙に味のある作品というのは、
おそらく皆感じるのでしょうが、
それだけに余計にも惜しい作品でした。

なお、他の要素としては、本作には音声がありません。
2002年となると、音声付きの作品も増えていますので、
その点で物足りなさを感じた人もいるかもしれませんね。

<総合>


総合では佳作としておきます。

知らずに買ったら男同士のシーンがあったぞ、
ふざけんなよって人もいると思いますので、
おそらくプレイした人の平均点は伸びにくい作品だと思います。
つまり好き嫌いの分かれやすい作品ってことですね。
個人的には、いろいろ惜しいなというか、
勿体ない作品だなという印象ですが、
妙な味わいのある作品であることは間違いなく、
そこにはまる人もいると思うわけでして。
M向けの作品が好きで、なおかつ、
いろいろ濃い要素が混ざったのが好きならば、
プレイしてみても良いかもしれませんね。

ランク:C(佳作)

AMAZON


駿河屋


DL版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


捻くれモノの学園青春物語   イブニクル2    きゃんきゃんバニープルミエール3
カテゴリ「2002」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3484-5cabe7a7
| ホームへ戻る |