最近読んだ漫画(ゴブリンスレイヤー、やがて君になる、アニマエール)

最近読んだ漫画(ゴブリンスレイヤー、やがて君になる、アニマエール)

最近読んだ漫画の感想とか。

今回は、秋からアニメ化されることになった作品として、
「ゴブリンスレイヤー」「やがて君になる」
「アニマエール!」の3本を。

<ゴブリンスレイヤー>



俺は世界を救わない。ゴブリンを殺すだけだ。
WEB発の大人気ダークファンタジーを衝撃コミカライズ!!
冒険者になったばかりの女神官は、初めての冒険で、
弱小モンスター・ゴブリンの思わぬ脅威にさらされる。
そこに現れたのは、「ゴブリンスレイヤー」と呼ばれる、
粗末な鎧を身にまとった男だった。
男は、無慈悲なまでに淡々とゴブリンを狩り始めていく…。
ゴブリン退治に取り憑かれた男と、
彼を取り巻く少女たちの活躍を描く
WEB発大人気ダークファンタジーを、
衝撃的なハイクオリティでコミカライズ!!

・・・2018年秋にアニメ化。
1話の冒頭の時点では、あまり印象が良くありませんでした。
いや、とてもインパクトのある出だしですし、
エロも期待できそうな内容ではあったのですけどね。
でも、なんか最近よくあるような、
インパクトだけの作品のようにも思えたものですから。
ただ、最後まで見て、これはちょっと、
上記のような作品とは違うかもと思いまして。
続きが気になったので、読んでみたところ、
とても面白かったです。
ゴブリンという、一見すると雑魚が相手なんですけどね。
その生態系とか、戦術とかいろいろ考えられていて、
これは良くできているなと。
漫画版で読んでいましたが、ラノベ版も検討中です。
それにしても、正直、これをハードにしたようなのを、
私はエロゲで見たいのですけどね。
本作の作者のように深く考えられるライターは、
今の業界にいないんですかね。


<やがて君になる>



好きを知らない少女が出会う、
一筋縄ではいかない――女の子同士の恋愛
恋する気持ちがわからず悩みを抱える侑は、
先輩・燈子が告白を受ける場面に出会う。
誰からの告白にも心を動かされないという燈子に
共感を覚える侑だが、
やがて燈子から思わぬ言葉を告げられる。
「君のことが好き」

・・・2018年秋にアニメ化。
絵が好みなので、わりと期待していました。
ただ、これ、百合というよりレズなんですよね。
レズはレズで濃厚なエロがあるのは好きなんだけれど、
一般漫画のエロのないレズなわけでして。
ここからあとは、私の今の気持ちの問題でもあるのだけれど、
百合もハードレズも好きだけれど、
エロのないレズは、どうにも中途半端な気がして・・・
まぁ、その辺は好みの問題としても、
繊細な心の機微というか、感情表現というか、
百合にとって一番大事な部分が弱いので、
どの方面でも楽しみ切れない感じでした。


<アニマエール!>



人の力になることが大好きな鳩谷こはねは、
中学の終わりに出会ったチアに魅了され、
高校でチア同好会を立ち上げる。
経験者の有馬ひづめや幼なじみの猿渡宇希とともに臨む
こはねの“初めてのチア”は、今日も誰かを元気づけ……る!?
『はじおつ。』の卯花つかさが贈る
チアリーディング4コマ、待望の第1巻!

・・・2018年アニメ化。
今一番飢えているのは、良質な日常系でして。
スポコンものも好きなこともあり、結構期待してました。
ただ、白雉系のうざいヒロインは、少々飽きていまして。
原作を先に1巻だけ読んでいたのですが、
なんか空回りしているところも含め、
いまいち楽しめないなと。
一応アニメも見てみましたが、主人公のうざさが、
声や動きが加わったことで拍車がかかり、
より一層受け付けなくなってしまいました。
アニメも、1話できると思います。

関連するタグ 


捻くれモノの学園青春物語   イブニクル2    きゃんきゃんバニープルミエール3
カテゴリ「漫画・ラノベ(刊行中)」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

「やがて君になる」はストーリー自体は普通に楽しめましたが、キャラクターには正直あまり魅力を感じませんでした。
それと最新刊の帯に「百合ブームの火付け役」って宣伝文句があったんですが、昔にもマリみてとかあったし、それは違うだろうと思いましたねw

 ・ゴブリンスレイヤー
 漫画版も小説版の要所をうまく切り出してるので読み応えあるとは思いますが小説版は
幕間の扱いの間章がもう少し有り別視点でのキャラクターの動向がより描かれより物語が深く味わえます。
 ゴブリン相手に主人公が無双するよくあるネット投稿ものなのかなーと思ってましたが
毎回ゴブリンが関わってくる話なのにマンネリ感がほとんど無く今度はどうなるんだろうという
ドキドキ感をもって読み進められきちんと1巻毎に物語が解決するので続きは続巻の引き伸ばしないも無いですし。
 ゴブリンは雑魚なんでしょうが群れでしかも統率されていてしかも待ち構えられているところに
飛び込むのは厄介というか御免こうむりたい状況で運悪く全滅はまま有るんだろうなーと、ファンタジー世界。
物語のきっかけはゴブリン(へ)の襲撃であっても思いもよらない物語の展開が毎回あるので今度はそうきたかと楽しんで読んできます。
 小説の巻数進んだ物語で登場するあるキャラクターがなかなか魅力的なので物語が先行している小説版もお勧めです。

>タッシーさん

そんな宣伝文句があったんですね。
百合漫画も百合雑誌も百合アニメもいろいろ出ているわけで、全然火付け役ではないですけどね。
宣伝文句にしても、ちょっと酷いですねw

> 灰の風来人 さん

小説版も1巻だけ読んでみました。
漫画版も良く出来ていますが、やはり小説の方が描写が細かくて良いですね。
ありがとうございます。

アニメの2話は、漫画版よりも端折っていて、ちょっと残念な内容でした。
小説版とはいかないにしても、漫画版のクオリティは維持してもらいたいものですね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3474-61e2e84a
| ホームへ戻る |